(アニメ感想) ケロロ軍曹 第107話 「夏美 恐怖の身体検査 であります / 冬樹&夏美 姉弟大戦争!であります」

ケロロ軍曹 (12)




朝から新しい下着を探す冬樹君。そう、今日は身体検査の日。しかし、お姉ちゃんに下着の置いてある場所を聞くなんて・・・本当にうらやましい姉弟ですね(笑)。さて、学校に行って身体検査を受ける夏美ですが突然生徒達の間でざわめきが・・・不思議に思った夏美がその場所を覗いてみるとなんとそこには、ペコポン人ソルジャー発掘を企むケロロ達の姿があるではないですか!!怒った夏美は、ドロロと小雪に協力によってケロロ達を捕獲。しかし、ドロロを油断させ逃げだしたケロロ達の向かった先は・・・。何とまあ、冬樹にはご愁傷様としか言いようが無いですが・・・桃華と新聞部(名前失念)以外にも彼の裸を見て喜んでいそうな女子が多数いたのが何とも(笑)。冬樹ってモテるんですよね。ケロロもどうせなら男らしくパンツまでずらしてくれるとインパクトあったかもね。結局はケロロによって周りの人間達が巻き込まれていくのでした・・・。

後半のお話し・・・。昼間の身体検査の件ですっかりむくれてしまった冬樹は、部屋から一歩も出ようとせずに夏美とケンカに。事の発端は自分に原因があると自覚するケロロは、自分の立場が危うくなるのを恐れ、二人のケンカを止めるどころかさらに煽るような行為に出ます。そして、二人はこのケンカを腕相撲勝負、インディアンポーカーで決着をつけることに・・・。

「兄弟なんてケンカをしながら絆を深めていくものだ」とギロロ。しや、おっしゃる通りで。ギロロとお兄さんのド派手な兄弟ゲンカを見た後だとなおさら説得力がありますね。ああ、ちなみに冬樹が怒っていたのは昼間の身体検査のことではなくオカルト雑誌を夏美が捨てたことに対してでした。が、これも捨てたのは夏美ではなくケロロだったというオチ。用はどっちにしても原因はケロロが作ったことになります。この後ケロロとギロロはヘブンを見ることとなるのでした(笑)。本当にとばっちりを食ったギロロが可愛そうですね。カエルの蒸し焼きっておいしいのですかね?(苦笑)

仕事の関係上、母親が家を空けることが多いから夏美が冬樹の母親代わりとなっているんだろうなと少し感心してしまいました。冬樹が軟弱なのもお姉さんに甘やかされているからかもしれません。まあ、幾ら軟弱といっても夏美に腕相撲で完敗と言うのは・・・。って言うかこのお姉さんはどんな怪力女なんでしょう?(笑)

まあ、なんにしても口ではいつもキツイことを言いますけど本当は弟思いのお姉さん夏美。これも、偉大なるママ殿の教育が行き届いている証拠ですかね。まあ、出来すぎる姉を持った故の苦悩を抱える弟ですが、ケロロとの出会いは彼にとってとても重要だったに違いありません。時には迷惑なボケガエルですけど大事にしてやってくださいませ。

ケロロ軍曹 2ndシーズン 8

0 Comments

Post a comment