(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第2話 「中ボス落ちてケライがふえた」

魔界戦記ディスガイア プロローグ (初回限定生産)




このアニメはフロン萌えがメインだと思われている方が多いと思うのですが、実はエトナ萌えなんですよ(笑)。ええ、人を食ったようなあの態度はまさしく小悪魔。お間抜け平和ボケ少女(フロン)との掛け合いはこれからの楽しみの一つです・・・。不真面目(?)なラハールに怒ったフロンは彼に戦いを挑みます。しかし、ペンダントを無くした状態では力が発揮できずにその場に倒れこみラハールから放置プレイの屈辱を受けるハメに・・・。フロンを置いてエトナと合流したラハールは、魔王城を目指すのですが途中、追いかけてきたゴードンとジェニファーに遭遇し戦うハメに・・・しかしそこへ駆けつけたのは意外な人物だったのでした・・・。

まあ、エトナがラハールを手玉に取ろうとしているは明白ですが、なかなか思うようにはいかないようですね。このエトナ原作よりもさらに小悪魔度がアップしているように思えますけど、これも彼女の魅力でしょう。それにしても、プリニーが多すぎるゲームではあまり使えなかった(個人的には)奴ですが、なるほど便利屋としての使い道が残されていましたか(笑)。

それにしても、フロンと中ボスがつるんでくるとは・・・これまたビックサプライズでつね(笑)。しかし、ラハールに瞬殺。幾らなんでも最初から強すぎないですか?ラハール。まあ、そんなラハールもフロンにはペースを崩されっぱなし。彼女が無くしたペンダントを渡してくれたラハールにお礼とした差し出したプレゼントは、優しさ、愛。まあ、つまりラハールがもっとも忌み嫌うものですね。このメンバーの中で最も上手にラハールを乗りこなすのはフロンかもしれませんね。

まあ、何と言うか終始こんなノリなのでしょうね。どっちかと言うと深夜の時間帯に放送するようなアニメではないかもしれません。人気ゲームのアニメ化ですし、良い子の見られる時間帯に放送しても良かったのではないでしょうか?少なくとも、土曜日の夕飯時に放送している「BLOOD+」よりはずっと健康的ですよね(苦笑)。

魔界戦記ディスガイア PlayStation 2 the Best

0 Comments

Post a comment