★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?17(6月終了作品)」最終集計結果発表! PART4 這いよれ!ニャル子さん、LUPIN the Third ~峰不二子という女~、黄昏乙女×アムネジア、緋色の欠片

お待たせしました!今期終了アニメを評価してみないかい?17(6月終了作品)」PART4でございます。この企画についての詳しい説明はこちらをご覧下さい↓

★「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」」

今回評価を掲載する作品は、這いよれ!ニャル子さん、LUPIN the Third ~峰不二子という女~、黄昏乙女×アムネジア、緋色の欠片です。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6484.html
(リコーダーとランドセル レ♪、うぽって!!、あっちこっち 、シャイニング・ハーツ)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6485.html
(クイーンズブレイド リベリオン、めだかボックス 、夏色キセキ、これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド)

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6486.html
(さんかれあ、AKB0048、ZETMAN、咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A)

また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓

★企画「今期終了(3月終了アニメ)アニメを評価してみないかい?16」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

記事の内容は、作品ごとのレビュー参加人数、項目別の評価平均点、総合点の平均点を掲載しております。

*なお、それぞれの作品ごとに、参加して頂いたブログ様の中から幾つかコメントを抜粋して紹介させて頂いています。掲載に問題等がございましたら、ご連絡くださいませ。メールアドレス→koubow@hotmail.com


☆這いよれ!ニャル子さん

最初に紹介するのは「這いよれ!ニャル子さん」。原作は逢空万太のライトノベル。アニメーション制作はXEBEC。キャストは、阿澄佳奈、喜多村英梨などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は84人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.66 キャラクター 415 画 3.63 演出 3.53 音楽 3.8  総合的な評価 3.44 総合点 21.21となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆せーにんの冒険記様
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/


ぶっ飛んだキャラクターとパロネタから
前期でもっとも一躍有名になった作品。
特にライダーネタの多いのはうれしかった。



☆(非)日常様
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/


良くも悪くもOPと1話の勢いが全て。1話の勢いは続かないだろうと思ってたけどそれにしても尻すぼみすぎるだろう……途中でラブコメになった時はよかったのにそこから誰得シリアスに行くとかないわー……。キャラはみんなかわいかっただけになんだかなあ。


☆ひびレビ様
http://blog.goo.ne.jp/nexusseed


ネタの宝庫でありながら、真面目な話もやろうと思えば出来る。海での話はそんな風に感じさせてくれました。ただ、ネタが多すぎて、普通の台詞も何かのパロディなんじゃないかと思ってしまったり、分からなかったらどうなんだろうなとも思いました。でも毎回楽しそうなニャル子を見ていて、こちらも楽しくなっていました。



☆LUPIN the Third ~峰不二子という女~

続いて紹介するのは「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」。原作はモンキー・パンチの漫画作品。アニメーション制作は トムス・エンタテインメント。キャストは、沢城みゆき、栗田貫一などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は37人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.27 キャラクター 3.89 画 3.95 演出 3.86 音楽 3.59 総合的な評価 3.38 総合点 21.95となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆★ジーノの鳥様
http://blog.livedoor.jp/jinomakusuweru/


若い不二子主役の物語でありルパン一味の前日譚っぽい話なのだが、不二子の物語としてはやや消化不良でどんでん返しがありつつもやはり正体は不明。しかし普通なら大減点に成り得る要素がこのルパンシリーズでは許容される。それだけの懐の深さを持つキャラでありシリーズであるため、時にダークに憂鬱に飄々と痛快に物語が展開できる幅があり、それだけ作風とキャラの魅力が凄まじい。
むしろオリジナルキャラの処理に手間取った印象。



☆真夜中日記ミッドナイトモノローグ様
http://go9sai4kio.blog.fc2.com/


今までのルパンシリーズでは見られない官能的な世界観をアヴァンギャルドに出してみたけど、よく分からないまま最終回を迎えてしまった感がありました。オスカーは一体何だったのだろうか?
岡田さんの特徴のある展開が万人受けしづらかったのかどうか分からないが、今思えば、なぜ見ていたのだろうか?と思えたアニメです



☆ぬる~くまったりと様
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/


お子ちゃま化したルパンを原作テイストで表した
   ルパンシリーズ。
  TV1期シリーズの前日譚を描いた作品。
  そしてシリーズでは最大の峰不二子の謎を
   明かすのかと思ったら、一大トリックでした。
  EDも含めての壮大なトリックでした。




☆黄昏乙女×アムネジア

続いて紹介するのは「黄昏乙女×アムネジア」。原作は、めいびいの漫画作品。アニメーション制作は SILVER LINK.。キャストは、代永翼、原由実などが出演。




このレビューに参加して頂いた方の人数は57人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.28 キャラクター 3.5 画 3.72 演出 3.57 音楽 3.37 総合的な評価 3.33 総合点 20.77となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆アクアフロート裏日記(卯っ)様
http://d.hatena.ne.jp/aquaflow-t/


はらみーついに主演!(ただし幽霊) 第1話はAパートを夕子さんなしで描き、Bパートで同じシーンを夕子さんありで描くチャレンジングな試み。最後はあのまま別れて終わって綺麗かなーと思ったんですが、結局取り憑かれちゃいましたね(


☆かる日記様
http://karu.blog.so-net.ne.jp/


夕子さんとのドタバタ劇になるかと思いきや、
なにやら真面目に幽霊になった謎を突き止める展開に。
これがまた退屈すぎる。
見た目はいいがつまらない。
途中で切ってもよかったなぁ。



☆うつけ者アイムソーリー様
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/


生者の少年と死者の少女の恋愛を描くホラーチックラブコメディ。

黒髪ロング巨乳年上お姉さんであり、スキンシップ大好きという非常に羨まけしからんヒロイン夕子さんの魅力が大きかった本作。
他の二人のヒロインも可愛かったけど、早々に恋愛戦線から退いてしまったのは勿体無いと感じました。まあ1クールで夕子さんと貞一くんの関係を描ききるためには必要な判断だというのは分かるので、ないものねだりなんですけどね(笑)

演出面で色々面白い事をやってた作品ですが、実験的な印象が強く若干くどかったり上手く機能してないように見える時もあったり。特に印象的な回だった10話は、主観カメラの是非はともかく素直に恐怖を煽られるいい演出でした。

ストーリー的には予定調和の印象が拭えません。「もう一人の私」ネタも最近多くて正直食傷気味でした。
ただ、挿入歌の「レクイエム」は素晴らしかったです。あんなの流れたらそりゃ泣くわー。




☆緋色の欠片

続いて紹介するのは「緋色の欠片」。原作は、アイディアファクトリー(オトメイト)から発売されている恋愛アドベンチャーゲーム。アニメーション制作はスタジオディーン。キャストは、三宅麻理恵、杉田智和などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は26人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.21 キャラクター 2.73 画 3.14 演出 2.56 音楽 3.43 総合的な評価 2.39 総合点 16.46となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆マンガに恋する女の ゆるゆるライフ様
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/


珠紀が玉依姫として未覚醒&守護者はロゴス相手に惨敗する悲惨な展開続きだったので、いつか事態が好転してくれると信じて視聴していましたが、結局1期(全13話)ではキャラクター達の良い見せ場も少ないまま終わってしまった感が。良くも悪くも原作ゲーム通りにアニメも進展し、ただアニメとなると限られた話数の中で、いかに守護者の個性を発揮してキャラクターの存在感を示すのか。拓磨や真弘先輩は二人ペアでよく画面に映ってはいますが、祐一先輩や慎司くん、特に卓さんの出番が少ない上にこの3人が抱えている宿命が見えにくく、個性の薄さを感じてしまいました。2期では伏線回収とそして守護者それぞれの個性ある魅力が発揮してもらい、拓磨とラブを育み始めている珠紀が思わず他守護者に対してもドキっとしてしまうような、そんな素敵な展開が見られる事を期待しています。


☆橘の部屋2様
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/


「緋色の欠片」は、期待してたんですよ。
キャラクター原案が「薄桜鬼」と同じ
カズキヨネさんだし、乙女ゲームでしょ?
ゲームのスチルとかも見たことあって
とても綺麗だったし、楽しませてくれると思ってたんですが
期待はずれでしたねぇ。

乙女ゲームなのに、男の子達があんまり主人公のこと
思ってないのが不思議。
2期があるから1期ではこんな程度にしといたとかそんなことなのかな。
でも乙女ゲームなら、各人とのイベントがあって、
だんだん距離が近づいて、心も通うようになり
ときめきも出てくるわけけじゃないですか。
そういうの…ないよね、これ。
少なくともアニメでは。

主人公を邪険にするのはテレもあって…かもしれないけど
なんかあんまり愛されてるように見えない。
それでいきなり、
「お前だから守るんだ」
とか言われてもな…と思った。
あ、それは先週の台詞か。
10月から丁度続きが始まってますからね。
見てることは見てますよ、
だって話の途中で終わってたから。
最後まで見ないとすっきりしないじゃないですか。

これゲームもこんな風なのかな。
一時期、買おうかとも思ったぐらいのゲームなのにね。



☆HDアニメを探して様
http://hdanime.blog47.fc2.com/


早い段階から分割かなとは思っていましたが、やはり分割でしたか。
作品的には普通な出来というかフジョシ的に定番な感じで、
まぁある意味安心して見られるみたいな感じですかね。



PART5へ続く・・・

0 Comments

Post a comment