(アニメ感想) 好きっていいなよ。 第13話 「Say “I love you”」

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ


好きっていいなよ。2【期間限定版】 [Blu-ray]好きっていいなよ。2【期間限定版】 [Blu-ray]
(2013/01/23)
茅野愛衣、櫻井孝宏 他

商品詳細を見る



☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

今回はオリジナルだったのでしょうか?実質の最終回は前回であるような気がするので、今回のお話しは蛇足だったかもしれません。他のキャラクターを特別掘り下げるわけでもなく、あくまでもめいとヤマトの関係の描写に絞り、それも前回のおさらい的内容ですからいまいち新鮮味がなかったのは事実です。


というわけで今回の内容については特に特筆すべきところもなかったので、総評といきましょうか!このアニメ、一言で言うならば「不思議な作品」でございました。

キャラクターの言動や行動があまりにも突飛な時があり、さらにそれがどこか「ずれている」感があって何とも言えない空気感を醸し出し、ネット界隈でも話題になることもしばしば・・・。

ところが恋愛経験のある人ならば共感出来るであろうリアルティも含まれており、その奇妙なバランスが逆にこの作品の味となっていたと思うのです。妙なだけど、どこか目が離せない魅力がある・・・そんな「不思議な作品」でございました。


そう言えば、ヤマトとめいの関係性やキャラ配置などは「君に届け」と共通している部分があって私などは「裏君に届け」として楽しんでいました。

なるほど、「君に届け」のヒロイン爽子が風早君と出会い好きになったことで世界が変わったように、この作品のめいもヤマトと出会い恋することによって周囲は俄かに彩を帯びたものへと変化し始めてきました。


たった一人の承認でいいんですよね。その一人が特別で、だからこそ輝いて生きていける。しかし実際にはめいにとって一番必要だったことは、自己の承認なんです。

人間って不思議なもので、これがなかなかうまくいかないんですよ。詰まるところ人は自分が一番許せないのかもしれません。そこでヤマトの存在が大きかったわけです。

何せ彼はめいの傍にいて、本人では気づかない自身の魅力を囁き続けてきたわけですから。そうしてめいに自己の承認を促したのです。かつての恋敵であっためぐが親友によって気づかされたように・・・。


恋愛物語としては定型化された様式に則った展開の連続で特に目新しくもなかったのですが、先述したような「どこかずれてる」や「何かがおかしい」という感じがむしろ作品の注目度を上げていたのは特筆すべき点でありました。

私はそれは「作り手の情念の先走りゆえ」と理解しています。受け手にこういうものを見せたい、あるいは伝えたいという情念のみが先行したせいで、このようなちぐはぐ感が表れてしまったのではないでしょうか?

人の情念の吹き上がりを抑制するものとは「理性」であります。それが欠如した場合にこのような結果になるのでしょうが、まあ形としては歪であっても作り手の伝えたいことは十分に伝わったのだからこれでいいと私は思っております。

ラジオでもこの作品の語りは大いに盛り上がりましたし、1クールとても楽しませてもらった記憶に残るアニメでありましたね。

<12月31日に「ねとらじ」にて「ピッコロのらじお♪・大晦日年忘れスペシャルラジオ」を開催!!>

12月31日(月)夜11時からは「ピッコロのらじお♪大晦日年忘れスペシャル」と題しまして、今年一年のアニメ業界を振り返っていきます。今年もっとも気になったニュースは?今年一番だと思うアニメは?声優界は今年どうだったのか?等。無礼講で大いに本音で語っていくつもりです。

年末も年始も「ピッコロのらじお♪」をどうかよろしくお願いいたします。

当日は掲示板も設置!初めての方も大歓迎なので、気軽に参加してくださいね~!なお、ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  好きっていいなよ。 #13
  • 「好きっていいなよ。」もいよいよ最終回です。今回は、大和が風邪を引いてしまうお話でした。大和とめいは、ラブラブの日々を過ごしていました。そんなある日、大和から風
  • 2012.12.31 (Mon) 17:09 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック