(アニメ感想) いぬかみっ! 第6話 「ぴったりともはねっ!」

いぬかみっ!〈8〉川平家のいちばん長い一日




今回はともはねメインのお話し。なんか微妙にキャラが変わっているような気もしなくもないですが、ロリロリパワーの前に啓太もたじたじかな?それでは、感想です・・・。ようこ打倒に執念を燃やすともはね。ある策を持ってようこの住処を訪れますが、たまたまその時は彼女が留守にしており代わりにいたのが啓太。ようこは明日まで帰ってこないと啓太から告げられたともはねは、この家から立ち去ろうとしますがそこに仮名が現れて・・・。

いぬかみにも定期健診ですか。恐山病とは一体どんな病なんでしょうね?きっとイタコ病なんてのもあるに違いない(笑)。「汚れてしまった・・・」とお嘆きのともはね、自らが招いた事態とは言えいたいけな少女が男とトイレで二人っきり・・・トラウマとならなければいいのですが(苦笑)。しかし、自慢げな表情で表情で何を開発していたと思えば下剤でしたか・・・。鼻のききそうなようこには通用しなかったような気がするんですけどね(汗)。

せんだん達の力も借りてムジナ捕獲作戦!しかしこれが失敗に終わり、啓太、仮名、せんだん、フラノ、たゆねが合体。「変なとこ触るな!!」と叫ぶたゆねの胸には仮名の手が(笑)、でも一番凄かったのはせんだんの股間にある顔面ですか(笑)、放心状態の表情のせんだんには吹きました。が、天国はここまで。仮名の尻には啓太の尻がくっつき、啓太に腹痛が襲うのでした。なんてお下品な!!想像しただけでもおぞましいです、と言うかここまで下品な発想を思いつく作者には驚きですよ(苦笑)。

さて、啓太から解放されたともはねは、一人ムジナを探すことに。数々の困難を乗り越え、果たしてムジナの元へとたどり着くことが出来るのか!?「ともはねとムジナの不思議な冒険」に乞うご期待!!(苦笑)結局、ともはねと仮名が持ち込んだトラブルのせいでエラい目に遭った啓太ですが、ともはねを助けるため身を投げ出すその勇敢さはまさに男!いやあ~、せんだん達には変態呼ばわりされて気の毒でしたけどね。変態なのは仮名の方でしょう。いくら不可抗力とは言え、たゆねの胸もみはちょっと・・・(笑)。こういう時、男前は評価が下がらないから得ですね。それにしても、お下品な話だったな・・・。

いぬかみっ!〈6〉

0 Comments

Post a comment