(アニメ感想) リトルバスターズ! 第24話 「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」

A4s7_7LCYAAw0Eu (1)
投稿者・綺羅

Little Busters!/Alicemagic〜TV animation ver.〜(限定生産盤)(DVD付)Little Busters!/Alicemagic〜TV animation ver.〜(限定生産盤)(DVD付)
(2012/10/31)
Rita

商品詳細を見る


人見知りだった鈴も、小毬のおかげでだいぶ変わってきていた。
そんな鈴にまた猫のレノンが手紙を運んでくる。今度の指令は「人形劇をせよ」というもの。
そしてその指令の通りに、鈴は成り行きで子どもたちのために人形劇をやることになってしまう。
童話作りが得意な小毬が協力してくれることになったが、理樹は小毬が作った「八人のこびと」の話が心に引っかかっていた。
鈴は小毬といっしょにペンギンや星のぬいぐるみを作り、夜通しがんばるのだった。


ピッコロのらじお(水・金DJ)縮小
☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜9時半からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
ずっとひとりぼっちだった鈴にも友達と呼べる存在ができていました。猫にのみ心を開いていた初期の頃と比べると大きな進歩ですね。小鞠も兄のことがあって友達がいなかったと思うので、友達ができて嬉しいのでしょう。

先に寝てしまった友達の分まで人形を作る小鞠に友情の素晴らしさを感じましたし、寝ている小鞠に毛布をかけてあげる鈴の優しさに心が温まりますね。本当に二人の間に絆が構築されているんだと分かるシーンでした。

それだけ鈴にとっては小鞠がかけがえのない存在になっているということでしょうね。小鞠がいなくなってしまったのではないかと焦る鈴の姿と小鞠を見つけた時の安堵の表情は印象深いものでした。

しかしながら、小鞠が作ったという絵本が不穏すぎますね。男の子と女の子と8人の小人ということで、理樹と鈴、そして・・・恭介、真人、謙吾、唯湖、小鞠、葉留佳、美魚、クドの8人を表しているのは明らかです。

「悩みが晴れた小人は消えていく」というのは単に個別エンドを指し示しているのかとも思ったのですが、文字通りの意味かもしれず。恭介とクドとの会話から世界がループしていると考えられることから、各キャラの悩みが解決されない限りは何度もループしてしまうということではないでしょうか。逆に言えば、悩みを解決すれば時間の檻から解放されて消えていくということを示唆しているような気がします。

指令についても理樹が感じたように予言めいた内容になっているのは、やはりループして先に起こることが分かってる証拠でしょうね。実際、もし指令がなかったとしたら理樹と鈴は積極的に行動することはなく終わっていたと思うのです。そういう意味からすると、鈴の成長や理樹のメンバーとの関わり合いなどにおいて指令はきっかけとなったのは間違いないでしょうね。

次回が一応の最終回となりますが、大きな謎は2期に持ち越しとなるのでしょうか。次回も楽しみです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。   綺羅 



<「大図書館の羊飼い」のアニメ化が決定!・・・「ピッコロのらじお♪」は3月20日(水) 21時30分より放送予定>

3月20日(水)21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」はアニメ好きDJ陣が一週間のアニメをレビューします!アニメ好きの方は是非チェックだ!!ビビッドレッド・オぺレーション、キューティクル探偵因幡、まおゆう 魔王勇者、D.C.III~ダ・カーポIII~、俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる、みなみけ ただいま、八犬伝―東方八犬異聞―、ラブライブ! school idol project、AMNESIA(アムネシア)、THE UNLIMITED -兵部京介-等。

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

ラジオについてはこちらのページをご覧下さい↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

0 Comments

Post a comment

7 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック