(アニメ感想) 姫様ご用心 第5話 「姫子誰の子ニャン子の子?」

TVアニメ『姫様ご用心』オープニング主題歌 百発百中とらぶるん(音符記号)




隣国の王子で結婚させられそうになった姫子。しかし、現れた王子が偽者だと分かり辛くも難を逃れたはずでしたが一難去ってまた一難。ある国の大臣と名乗るネコが現れ、姫子こそ我々が探し求めていた王女だと話すのでした・・・。探し求めていた王女って・・・お前ネコにゃん(じゃん)!!いや、シッポがあるに違いないと姫子のスカートの中に顔を突っ込む大臣のセクハラぶりはもはや犯罪(笑)。しかも、しっかりパンツを確認しているし。ちなみにパンツはバーゲンで買った3枚千円のネコパンツでした、しかもそばなとお揃い(苦笑)。とまあ、どうでもいい情報はともかく、姫子が山十朗とえびねの子である証拠を提出しろと大臣に言われそれを探す姫子。ところが、見つかったのはダンボールと「ヒメコをお願いします」と言う内容の手紙。これを見て姫子は大ショックを受けます。この子、今までも自分は橋の下で拾われた子かもしれないと思っていたようで、それが現実のものとなった瞬間でした(涙)。

しかし、ネコに自分達の国の王女と言われ、素直にそうだと信じてしまう姫子を突っ込む人間は相変わらずなし。それぞれのキャラが好き勝手にボケてくれてるこのアニメはとってもステキだなと思いました(笑)。例えば、ラッセ王子。壁やツボでは飽き足らず、ついには失神した小出先生の顔に顔を書くを言う芸当を披露・・・まんまノーマッドじゃん、どんなミラクルワールドやねん!!(笑)

そばなこそ捜し求めていた王女と言い出したかと思えば、やっぱり姫子こそ本当の王女と騒ぎ出す忙しい展開。姫子を列車に乗せ自分の国へと連れて行こうとする大臣の前に現れたのは、なんと変身美少女に変装したえびねでした。結構お歳だと思うのですが、微妙にイケているからタチが悪い(笑)。巨乳でパンチラなのもかなりヤバかったです。まあ、何はともあれ出発前に(いつの間に?)トイレに閉じこもっていた姫子はにゃんこの国に連れて行かれずにすみました。アドロンがドアを突き破った時トイレの最中ではドキドキしましたけど(汗)。で、代わりにナーナが連れていかれ来週からはゴリラがサブヒロインに・・・と言うのはウソです(汗)。

相変わらず姫子の一人ボケ要素は薄くなってきてますが、ラッセ王子やえびね、小出先生の個性が光ってきたので面白くなってきたと思います。ただ、もっとテンションを高めてボケっぷりを加速してくれるとさらに愉快になると思います。まあ、初期の頃の面白さが戻りつつあるのはいいことですね。これから楽しみです。

「姫様ご用心」プロローグソング ~迷い姫ぱにっく (DVD付)

0 Comments

Post a comment