(アニメ感想) 翠星のガルガンティア 第12話 「決断のとき」

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2
(2013/09/25)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る


ピッコロのらじお(水・金DJ)1ピ
☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

良いアニメというのは往々にしてキャラ配置が絶妙なのですよ。決してキャラクターを使い捨てにせずその役割にも意味を持たせるものです。なるほど、ピニオンにこんな活躍の場が与えられていたとは・・・この作品がやはり良作と呼ばれるだけの条件が整いつつあるようですね。

久しぶりのロボット戦闘もあった今回実に熱かった。そして宙を縦横無尽に駈け巡り、クーゲルと火花を散らす戦闘を繰り広げるレドに対して強力な援護射撃を行ったピニオンの姿と言うのは「グレンラガン」のカミナ兄貴と重なるものがありました。よくよく考えてみると声優さんも同じ小西さん・・・作り手も意識しているのではと思わせる配役であります。しかし、仮にピニオンがカミナ兄貴的立ち位置にあるとすれば、やはり・・・イヤこれ以上は言いますまい。


さて、前回の感想を当ブログの主催する「ピッコロのらじお♪」で語った時に、リスナーさんやDJ陣からも「実はクーゲルはもう死んでいるのでは?」という考察が聞かれました。さらにストライカーが銀河同盟の意向を反映してクーゲルが生きているように振る舞っているのでは?という予想も幾つか聞かれました。私はクーゲルには何か秘密があるかもしれないとは考えていましたが、彼が死んでいるかもしれないというところまで考えが至らなかったので、その考察を聞いた時には思わず膝を打ちました。

そして実際に今回はその通りの展開が待っていました。衝撃の事実!というやつです。そしてこの事実が物語上どういう意味を持つのか?ということを考えた時にやはり構成の妙を痛感させられるのです。

クーゲルは繰り返し「個人は全体の奉仕者である」というメッセージを発し続けていました。ヒディアーズという共通の敵との戦いの毎日において人々が結束するのに強固な掟が必要です。これは生まれながらにしてレド達に刻み込まれたルール。個体がそれのみでは意味を持たず全体の機能にそれがどう寄与するのか?ということを重視することを徹底して、完全に思考を奪っているのでしょう。

ストライカーはそれと同じことを地球で実現しようとしました。雨の日、神の生贄として人の命を差し出したのも、神聖化した対象への忠誠心を強固にする意味があり、それはつまるところ人々を強烈に支配するために必要な儀式と言えるのですよ。

さてその視点において個人はまるで意味を持ちません。ですから、ストライカーがクーゲルを装っていたというのはまさにそれを象徴的する事件であったと思います。つまりクーゲルという個人は入れ替わり可能であることを示唆し、それは個人が全体に奉仕する存在であるという意思が徹底されているからであって、さらにその「徹底した合理化」を伝える存在は人でなくても可能であるという残酷な現実をも伝えていたわけです。

人類は拠り所とした科学文明の結晶であるマシンキャリバーに人の代わりが務まるなど何とも皮肉な話しではないですか。実に興味深い残酷の提示の仕方であったと思います。

レドはこの現実をどう受け止めるのでしょうか?そしてレドの決断にエイミーが大きな役割を果たすと思いますが、この辺りのドラマに来週は注目ですな。

<「コードギアス 亡国のアキト」第二章「引き裂かれし翼竜」が9月14日上映決定!・・・「ピッコロのらじお♪」は6月26日(水) 21時30分より放送予定>

6月26日(水)21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」はアニメ好きDJ陣が春アニメを中心にレビューします!アニメ好きの方は是非チェックだ!!とある科学の超電磁砲S、進撃の巨人、革命機ヴァルヴレイヴ、翠星のガルガンティア等。

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

ラジオについてはこちらのページをご覧下さい↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

http://hastrl.blog57.fc2.com/tb.php/306-b4048a9e
http://soramame2.blog114.fc2.com/tb.php/80-d213393f
http://kotawood.blog.fc2.com/tb.php/6-72949a54

1 Comments

-  

No title

ストライカーもチェインバーも根本的な思考形態は同じなのでしょう
でも、支援啓発システムの存在意義であるパイロットの有無が両者を決定的に違う方向に導いてしまったのでは
チェインバーも当初はガルガンティアの制圧を提案していましたから、レドがいなければそのまま突き進んだと思います
また、同盟とのリンクが切れてるのも影響していて、もしそちらと繋がったままだったら、本隊の指示に従って早期帰還を考えるだけで済んだのでしょう
パイロットの判断も本隊の指示も望めない以上、独断で行動するしかなかったわけで

クーゲル中佐は軍紀を破ってまでレドを助けようとした人だったから、生きていればこういうやり方を望まなかった気はします
一方で彼が存命であると偽れば、第二のアヴァロンを完成させた暁には彼が大きな成果を達成した事になる、というストライカーの判断が垣間見えて少し物悲しいというか

2013/06/25 (Tue) 14:51 | REPLY |   

Post a comment

40 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア~第12話「決断のと...
  •  銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第12話-場面1-ピニオン ピニオンは武器庫に案内された。修復をま...
  • 2013.06.25 (Tue) 00:36 | ピンポイントplus
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「翠星のガルガンティア」第12話
  • チェインバー対ストライカー… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306230005/ TVアニメ 翠星のガルガンティア オリジナルサウンドトラックTVサントラ ラン
  • 2013.06.25 (Tue) 05:27 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」
  • 翠星のガルガンティアの第12話を見ました。 第12話 決断のとき サルベージされた品々を修復するよう命じられたピニオンは武装品以外は好きにしていいと言われ喜んでいると、
  • 2013.06.25 (Tue) 05:43 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話 「決断のとき」 感想
  • クーゲルはやっぱり既に亡くなっていましたね。 レドとチェインバーもお互いがいたからよかったですが、 どちらかがいなくなっていたら、ストライカーと同じように なっていたかも...
  • 2013.06.25 (Tue) 05:55 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」感想
  • エイミーやベベル、ガルガンティアの人々の未来を守ろうとしているレドが、地球の同盟化を目指す中佐とぶつかるのは、予想の内の展開でしたね なによりベベル君の命が危ないし、ガ
  • 2013.06.25 (Tue) 06:23 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 12話「決断のとき」
  • レド、ピニオン、ラケージ、そしてガルガンティア。 それぞれの決断。 ラケージ絶対になんかやらかすなとは思ってたけど、こうもあからさまにピニオンを挑発しにきたのは予想外でし
  • 2013.06.25 (Tue) 07:30 | NEO煩悩-アニメ本店-
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話 決断のとき
  • ピニオンが見せられるのは、引き上げた遺物から武器だと思われる物。 それの修復がピニオンの職務で、手がかりなしで簡単に言うなと言うと、中を透視する機械を渡されます。 ...
  • 2013.06.25 (Tue) 07:33 | ゲーム漬け
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア TokyoMX(6/23)#12
  • 第12話 決断のとき 海底から引き揚げた遺物を修理するのがピニオンに 与えられた仕事。内部を透けて見えるモニターが渡される。武器でなければ好きにして良い。 ラケージは海賊に
  • 2013.06.25 (Tue) 08:06 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『翠星のガルガンティア』#12「決断のとき」
  • 「お前はストライカーと戦えるか?俺は中佐と戦えるか?」 引き上げた武器らしきものを修理するよう指示されたピニオンは、 そのお宝の山に少年のように目を光らせちゃって☆ そ
  • 2013.06.25 (Tue) 09:15 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 12話 感想
  • ガルガン第12話「決断のとき」 前回、クーゲル中佐との邂逅を果たしたレドですが、 そのクーゲル中佐率いる船団は怪しい雰囲気を醸し出していて。 そこでレドの取った行動は……?
  • 2013.06.25 (Tue) 11:04 | 第二の矢は受けない!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話
  • 翠星のガルガンティア 第12話 『決断のとき』 ≪あらすじ≫ 自分と同じように地球に迷い込んでいた上官・クーゲル中佐とその愛機・ストライカーと無事合流することが出来たレド
  • 2013.06.25 (Tue) 14:41 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「翠星のガルガンティア ♯12 決断のとき」
  • 武器庫へ連れて行かれるピニオン。 そこには聖なる遺物の山が。 武装強化になるもの以外は好きにしていいと言われる。 ラケージがピニオンに本音を吐く。 「私、この船団のやり口に
  • 2013.06.25 (Tue) 18:08 | 同調率0パーセント。Ver.2
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」
  • 今回は鳥肌の立つようなスピード感を感じた回でした! 立場や思惑の異なるレド、ピニオン、ラケージ、そしてエイミー達。 彼らが決断し、ひとつの目標に向けて手を取り合うことで...
  • 2013.06.25 (Tue) 19:27 | お茶でも飲みながらアニメ鑑賞
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  彗星のガルガンティア 第12話「決断のとき」
  • 翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)(2013/06/29)谷村大四郎商品詳細を見る クーゲルのやり口に反発し ピニオンも誘い、謀反を計画するラケージさん そして、レドも初めの内は
  • 2013.06.25 (Tue) 22:19 | イリーザ様の花火の時間ですよ
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」
  • 俺は本当に何かを選ぶ事を一度もした事が無いのかもしれない。 ガルガンティアを啓蒙活動の標的にすることに反対するレド。 しかし、クーゲルの理想に逆らうことが出来ないでいた
  • 2013.06.25 (Tue) 23:02 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話『決断のとき』 感想
  • ・あらすじ  ガルガンティアの人々を思い、レドはクーゲルに攻撃を中止するよう要請する。だがクーゲルは自分の活動こそ人類を導くものだと信じて疑っておらず、言葉は届かなか
  • 2013.06.26 (Wed) 05:21 | 架空チョコレート
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア #12
  • レドたちが決断を迫られるお話でした。ピニオンたちの船団を取り込んだクーゲル中佐は、今度はガルガンティアをターゲットに選びました。ピニオンは、大好きな機械を自由に
  • 2013.06.26 (Wed) 18:27 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 12話レビュー
  • うーん、想定通り過ぎて面白く無い。意外性だけが取り柄の虚淵らしくないベタな展開でした。展開がベタだとするとその後の結果に意外性を求めるのか。さてさて、ちょっと重要な選 ...
  • 2013.06.26 (Wed) 22:02 | Kazu'Sの戯言blog(第二新館)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア12話感想。
  • なんかこう、コレジャナイ感がある。 美しいパステルだったのに、一気に極彩色になってきたなぁ(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。
  • 2013.06.28 (Fri) 19:49 | 戯言日記2nd
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」
  • 雨が降る中、陰湿な雰囲気で執り行われた儀式は、おそらく労働者として用をなさないであろう人間を間引きして多数海中に投棄するもの。もうこれを容認できなくなっていたレドはクー...
  • 2013.06.29 (Sat) 05:40 | ボヘミアンな京都住まい