(アニメ感想) .hack//Roots 第7話 「Intrigue(錯綜)」

Silly-Go-Round




黄昏の旅団を狙うPK。フィールドはもちろん、安全なはずの街でさえも心の休まる時はないと言う状況。そんな中、匂坂は俵屋を呼び出し、預かっていたウィルスコアを返すと「今後TaNとは関らない」旨を伝えます。「餌はばらまいたが食いつきが悪い」直毘にぼやく俵屋。しかし、直毘は旅団を揺さぶるためさらなる策に打って出るのでした・・・。相変わらず、オーヴァンラブなハセオ。いつでも彼の事が気になって仕方がないようです(笑)。居場所が掴めないで突っ立っているところをBセットに「行けるところ探したら?」とアドバイスを受ける始末。ちなみに、Bセットにもこうしてオーヴァンを追いかけていた時期があったらしいです。もう、この世界ではモテモテですね。案外、リアルではくたびれた中年サラリーマンかもよ・・・

さて、そのオーヴァンですがどうも志乃とはリアルでも知り合いっぽい、もしくは彼のリアルでの仕事を志乃は知っているようです。交わす言葉は少ないですが、逆にそれが信頼関係の証でもあるような感じですね。この二人のリアルの関係が明らかになるのはもっと先の事でしょうけどね。

ところで、相当腕の立つ男と見られていたゴートですが、フィロに全く歯が立たないと言うことが判明。フィロからあるアイテムを手に入れようと戦いを挑んだのですが、返り討ちにあったのです。かなりレベルが高いとの噂はありましたが、その腕は相当のものです。魔法を駆使する類かと思いましたがもしかして武闘派?

ウィルスコアは一つではなく幾つか存在し、確認されている数の半数は旅団が持っているとフィロは話します。そして、今まで発見されたウィルスコアは全てロストグラウンドで発見されたという事実も。まあ、ウィルスコアがどういうものであるか分からない以上、ああそうと言うレベルの情報でしかないのですけどね・・・。

そして、オセオ、匂坂、タビーでロストグラウンドへウイルスコア探し。志乃はオーヴァンの連絡待ちでパーティーには加わりません。オーヴァンがかなり強いと言うことは分かるのですが、そろそろ志乃さんの実力も見てみたいところですね。まあ、今のハセオやタビーではとても追いつけないようなところにいるんでしょうけどね。

緩やかにストーリーが進行しているアニメですね。所詮ゲームの中での話しなので何が起きても、特に驚きはないし、危機感もあまり伝わらないのがちょっと物足りないところですね。そもそも、PKされた!!って話しもPKされれば、どんなリクスがあるのか説明されてないので、そんなに重大事なのかな?と思ってしまうのですよね。まあ、ここからストートリーが大きく動き出しそうなのでこれからに期待です。

.hack//G.U. Vol.1 再誕

0 Comments

Post a comment