(アニメ感想) ブラッドラッド 第1話 「骨でした」

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ

ブラッドラッド (1) (角川コミックス・エース 280-1)ブラッドラッド (1) (角川コミックス・エース 280-1)
(2010/05/01)
小玉 有起

商品詳細を見る


東魔界のナワバリボス、ブラッド・チャーリー・スタズは、ジャパニーズカルチャーが大好きという異端の吸血鬼。そんな彼のシマに、ある日女子高生の柳冬実が迷い込んでくる。ホンモノの人間との対面にスタズは大興奮! しかし、そんな感動もつかの間、冬実はモンスターに食べられ幽霊に!? スタズは彼女を生き返らせると“血意”するが…。-「絶対に生き返らせる。そして、俺の初めての吸血の相手はキミ」

ピッコロのらじお(水・金DJ)1ピ
☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

日本のサブカルチャーを愛する魔界の住人が主人公。初っ端から復活の呪文失敗の効果音が鳴り響いたり、主人公の部屋にメガドライブが置いてたり、ドラゴンボールネタがあったりとオタクである我々が見るとにやりとしてしまう仕掛けがあちこちに散りばめられているのがいい。主人公もなんだか目つきが悪くて今時のイケメンとは言いがたい、どちらかという我々との親和性が高いと思える風貌で、随分と狙ったキャラ作りがなされていると思いました。


それにしてもエラくテンションの高いアニメだ。これでもかと言うぐらいハイスピードで叩き込む演出をやってくれる。主人公のサブカルへの情熱、そして人間臭さというものが伝わってきて、まず視聴者を画面に引き込むというのことに成功しているんですよね。その奇抜で派手な演出が独特のテンポを作っていいるというのは興味深い。


主人公はオタクではあるけど、めちゃくちゃ強くて熱い性格で作品のテイストにピッタリ。ヒロインにはちょっと冷たいけど、ある意味彼女が特別な存在であることを示唆しているのかもしれない。二人の掛け合いが白熱してくるともっと面白くなるはずですけど、それは今後の楽しみとしておいときますかね。

<「Fate/stay night」ufotableでアニメ化が決定!・・・「ピッコロのらじお♪」は7月17日(水) 21時30分より放送予定>

7月17日(水)21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」ではいよいよ放送されました夏の新作アニメを徹底的にレビューしていきます<物語>シリーズ セカンドシーズン、犬とハサミは使いよう、Free!、ローゼンメイデン、Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ、等是非視聴の参考にして下さいね~

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

ラジオについてはこちらのページをご覧下さい↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

0 Comments

Post a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ブラッドラッド 第1話「骨でした」
  • ブラッドラッドの第1話を見ました。 第1話 骨でした 東魔界のナワバリボスであるブラッド・チャーリー・スタズはジャパニーズカルチャーが大好きという異端の吸血鬼であった
  • 2013.07.11 (Thu) 22:30 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック