(アニメ感想) BLOOD+ 第32話 「ボーイ・ミーツ・ガール」

BLOOD+(6)




「何も出来ないけど、お前とリクの側にいるよ・・・」カイの暖かい言葉を受け、小夜は安心して戦いに身を投じることが出来そうですね。どんな自分であってもそれを受け入れ待っていてくれる家族の存在。眠りと目覚めを繰り返し、闇を彷徨い続けた小夜にとってかけがえのないものとなるでしょうね。しかし、そんな彼女に今回最大の危機が訪れます。圧倒的力を前に小夜はどう立ち向かうのか?そしてリクきゅんは・・・。突然の襲撃に赤い盾は大きな混乱に包まれていました。「あの子はどこなの・・・」怪しく光るディーヴァの瞳。響き渡るディーヴァの歌声・・・その頃小夜もディーヴァの気配を感じ取っていました。最悪の敵との対決を覚悟しハジと二人で戦いの場へと赴く小夜・・・。一人残されたリクは何者かの声を聞きます「あなたはどこにいるの?」、呼びかけるその声の主を探し辺りを恐る恐る見渡すリク。「もうすぐよ・・・。」、その者は気配はすぐ側に・・・。

やはり、狙いはリクですか?無邪気な笑顔で一瞬にして屍を積み上げていくディーヴァの恐怖。ただの人では太刀打ちが出来ないと言うことが証明されましたね。赤い盾なんて組織、ディーヴァとシュヴァリエの力を持ってすれば一日で壊滅に追い込むことなど造作もないことではないでしょうかね?なぜ、今までそうしなかったのか不思議です。デヴィッドはこの危機を乗り切る策を持ち合わせているのか?まさか小夜頼みということはないですよね?

みたび小夜の前に姿を現した変態仮面ことカール。小夜との戦闘になるかと思いきや、彼女はあっさりスルー。お相手するは、小夜第一のシュヴァリエ流星のハジ(私の勝手なネーミングです(苦笑))。小夜に相手にする価値もなしとあしらわれたことに余程腹を立てたのか、カールはハジに猛然と襲いかかります。しかし、涼しい顔でその攻撃をかわすと・・・ええと、かわすと・・・ごめんハジそれぐらいかわしてくれよ(涙)。カールの攻撃を被弾したハジは追撃を受け・・・ダメだ今日のハジは足止めにもならねえ(苦笑)。

デヴィッド達に合流しようとするハジとリクの前にその姿を見せたディーヴァ。その場から慌てて逃げ出した二人は倉庫とおぼしき場所にその身を隠すのでした。ええ、ここで一つ残念なお知らせがあります。我らがシュヴァリエ、流星のハジですが、カールとの激しい戦闘の末に海鳥のエサとなり果て、痛々しいそのお姿を晒しておいでです。お忙しいことと存じますが、持ち主の方は至急お引取りのほどよろしくお願いいたします・・・。でも、私は信じています。小夜のピンチに必ずハジが駆けつけてくれると・・・。

ジョエルはこの船をディーヴァの棺おけとすることを決断。船ごとディーヴァを海へと沈める作戦に打って出たわけです。船内に響き渡る緊急警報。自爆装置の起動を知らせるアナウンス・・・ってこれじゃ敵にも聞こえているから逃げられるんじゃ?しかし、この緊急事態にも平静を装うカイに対してのリクの発言「怖くないの?・・・なんで兄ちゃんはいつもと同じでいられるの?」。だってバ○ですからあ~!!(ごめんなさいカイファンの方)いや、だからアレですよ「なんくるないさあ」。

「あなたに会いにきたのよ」いよいよディーヴァとご対面。助けようとしたカイはあっさりと撃沈。怯えるリクにゆっくりと近づくディーヴァ。そして、その身を覆っていた衣装を脱ぎ捨てるとリクに迫るのでした。怖がらないで・・・あなたは私の物になるの・・・。

なぜ、ディーヴァが服を脱いだのか?裸になっているリクを見るとその意味が分かったような気がします。リクからもらったものとは種でしょう。子孫を残すため、アレ?ちょっと忘れてしまったのですが、ディーヴァの花嫁となるのはカール達ではなく小夜のシュヴァリエ達でしたっけ?まるで後家蜘蛛のようですね。交尾の終わったオスを食うと言う・・・。

あまりにもむごすぎます・・・無垢な少年を・・・恐怖に怯える中、陵辱し最後はその命までも奪ってしまう・・・。この展開をどれだけの方が予測していたでしょうね?前回の終わりにリクが小夜とカイの仲を取り持った時に死亡フラグが立てられていたのですね。カイの気持ちを思うと激しく胸が痛みますね。唯一の救いは駆けつけたハジがカールをあっさりと退けたことぐらいですか・・・。

いまだに信じられません。リクとカイだけは死ぬはずがないと安心していたのですが・・・。大きな展開を迎え少し混乱気味ですが、来週はここから一年後が舞台。残って、ディーヴァとの戦いを決意した小夜とハジの消息も気になるところですが、悲しみを乗り越え成長したカイにも注目です。やはり、予想のつかないアニメです。話しとしてはにわかに面白さを増してきたけども、犠牲になったものが大きすぎる・・・。

BLOOD+(5)

0 Comments

Post a comment