(アニメ感想) ストロベリー・パニック 第7話 「荊の罠」

ストロベリー・パニック! 1 (1)




この気持ちは何だろう?・・・今まで感じたことのない何かが・・・胸に・・・・。それは、まだ本人でさえも気づいてないかもしれないほどのささやかな恋。しかし、始まったばかりの天音の恋に、エトワール戦でのライバルと見ている剣城要と冬森詩音は警戒心を強めます。そして、要は光莉と天音の仲を引き裂くため、ある策を講じるのでした・・・。天音に要、深雪とどうしてこうもキャラが被っているのでしょう?あっ、それと今さらながら気づいたのですが静馬の声優生天目さんと深雪の声優野田さんって、極上の生徒会長、副会長コンビじゃん!!やっぱり、プッチャンいないや・・・(汗)。

本当は光莉のことが好きなのに、天音との恋を応援する夜々の優しさ。今は自分の想いを押し殺しているようにも見えるので、もしかするととこかでそれが爆発、天音の強力なライバルとして躍り出ると言った展開もあるかもしれませんね。

光莉を誘惑しようと画策する深雪。光莉を花に例え、花に花粉を届けるミツバチになってくれと桃実に頼み込みます。「ミツバチが花粉を届けた代わりに蜜をもらえるの」と深雪に甘える桃実・・・エロい。この二人すでに出来ているようです。寮の同じ部屋同士だからやりたい放題、この学校とんでもないとこですよ・・・。

要の甘い誘惑・・・そうとは知らずに桃実からもらった手紙は天音のものだと信じ待ち合わせ場所までやってきた光莉。なんとも卑怯なやりかたです。逃げる光莉を追い詰めていく深雪と桃実。異変に気づいた夜々は、渚砂と玉青の協力を得て光莉を探します。

何をするのかと思えば先に既成事実を作ってしまおうと、言う要。つまり、レ○プ?とんでもない悪党ですよこの女は!「おとなしく私のものになれ!光莉」、このままでは本当に光莉の節操が・・・そう思われた時、颯爽と現われた天音!まさしく白馬に乗った王子様。男だったらマジ惚れるね。

結果的にはこの事件がきっかけとなって、光莉は天音にプレゼントを渡すことが出来ました。要は二人の恋路を邪魔するところか、この二人が愛を深めるためのきっかけを与えてしまったことになりますね。う~ん、悪いことは出来ないものですね。次は桃実が光莉を狙っているみたいですが、障害はさらに天音と光莉の恋を燃え上がらせることになるでしょう。でも、この二人の恋愛描いていると渚砂と玉青の存在感が薄くなりますね・・・(汗)。

TVアニメ『ストロベリー・パニック』オープニングテーマ 少女迷路でつかまえて

0 Comments

Post a comment