(アニメ感想) 女子高生 GIRL'S-HIGH 第8話 「ウチらも昔は若かった。~バック・トゥ・ザ・数年前~」

女子高生 4 新装版 (4)




絵里子達の中学時代のお話し。あの頃は若かったなんて老け込む歳では全然ないだろう!って感じですが、まだあどけなさの残る彼女達の可愛さにかる~いめまいを覚えることうけあいです(笑)。やっぱり、オバカ軍団は中学校でもオバカ軍団だったってことですかね・・・。今日から2学期。ひと夏のロマンスを期待していた絵里子達にとって残念な夏休みとなり、少しだらけ気味の四人。そこへ、爽やかな笑顔で登場した綾乃は中学時代の絵里子、由真と一緒に写っているアルバムを皆に見せるのでした・・・。

中学入学時の絵里子はお嬢様タイプの優等生。少し斜に構えていた風の由真はそんな彼女が気に食わなかったらしく、入学早々に二人で大喧嘩。始めにけんかを売ったのは由真の方、彼女を転ばせてパンツ丸出しと言う屈辱を与え、それに怒った絵里子も由真のパンツを晒させると言う仕返しに出ます。それからと言うもの何かと張り合う二人。優等生と思われた絵里子が実はなかなか根性の座った女だったと言うのは意外でしたね。

しかし、学校の登校時間を競うのに寝袋まで持参して泊り込む由真にはワロタ。そこまでしますか・・・と言うか全然不良じゃないじゃん!!ただ、驚いたのは中学の最初の頃は絵里子の胸のほうが大きかったと言う事実。由真は三年の間に立派に育ち、追い越したのでしょうけどそれに比べて絵里子はほとんど成長しなかったですね。まあ、高校になってからも成長するだろうし絵里子にもまだまだチャンスはあるでしょうね。

何かにつけていがみ合ってた二人ですが、好きな音楽のアーティストが同じだったことをきっかけで心が通い合うようになります。お互いに最初の印象が最悪でも、次第に惹かれあうと言うのは恋愛でもよくあること。二人の友情を繋げたがお互いの好きなアーティストだったと言うのは中学生らしくていいですね。

ヤバイ・・・中学時代の姫路の写真がヤバすぎます。超太っていて、絵里子達は一瞬そこに写っている人間が誰か分かりませんでした。しかも、飴食っているし・・・定番すぎるよ(笑)。それはともかく、女子高暮らしが染み付いているせいか同世代の男に対して免疫がないとあせりだす中学時代の香田達。まあ、男子校もそうですけど私の場合は中高と男子校だったため、女の子と机を並べて授業を受けると言うのが信じられなかったです。思春期の一番大事な時期ですから、その間に異性と話す機会がないと言うのはかなりのハンディだと思いますね。

そんな中、香田達の前に現われたのがアイドル小田桐。まあ、男に免疫のない女子生徒には刺激の強すぎる男でしたね。兄貴がいて男の現実を知っていると言う香田は「ナルきも~」と引き気味ですが、デブの姫路はなんと小田桐に一目ぼれ。それから、姫路のダイエット生活が始まります。最初はなかなかやせませんが・・・って言うか体重計に乗りながらアイス食べるのはまずいでしょう。おまけに、トイレに入りながらお菓子食ってるし・・・きっと寝ている時はベタなアレを言うんでしょうね「もうたべられないよ~」(笑)。

実はトイレで姫路にアドバイスをしたのが絵里子達だったと言うのは秘密です。お互いに顔が見えないので、、由真は適当なことを言ったみたいですが、それがきっかけで姫路は修行を決意。今のナイスボディを手に入れたのでした。まあ、結局小田桐のナルシストぶりにウンザリすることになる姫路ですけど、彼がきっかけとなり美しくなれたのですから感謝しないとね。ところでこの高校生活で一番変わるのは誰でしょうね?小川ちゃんは小悪魔の素質ありと私は見ています(苦笑)。



女子高生 6 新装版 (6)

0 Comments

Post a comment