(レトロゲームレビュー) (メガドライブ) 「ワンダーボーイ 5 モンスターワールド 3」

ワンダーボーイ50001




さて、今回はメガドライブの名作を紹介したいなと思います。メガドライブは、当時私にとってマニアックハードと言うイメージがありましたから(アーケード、海外の移植物も結構多かった)こういう、ポップでキュート(?)な画面で可愛いキャラがクリクリと動くゲームには軽いカルチャーショックを受けたのを覚えています。メガドライブと言えば硬派ゲーと言う勝手な思い込みがあったんですね。



ワンダーボーイ50002
*ここより冒険が始まる・・・



このワンダーボーイシリーズですがシリーズが多くてかなり混乱します。ちなみにPCエンジンで出てたシューティング形式の「ワンダーボーイ3 モンスターレア」はこのゲームの続編と言うことになります。さらに、メガドライブ後期に登場した「モンスターワールド4」これも名作と言われている作品です。



ワンダーボーイ50003
*様々なステージが用意されている



前置きはさて置きこの「ワンダーボーイ 5 モンスターワールド 3」の簡単な説明をしなくてはいけませんね。ジャンルはアクションRPGです。RPGと言っても経験値の概念はありません。敵を倒すことで手に入れるGOLDを貯めて武器や防具を買って主人公を強くしていきます。

操作は、攻撃ボタン、ジャンプボタン、アイテム使用ボタンの3種類です。攻撃はジャンプ攻撃、しゃがみ攻撃、そして武器による特殊攻撃が使えます。そして、魔法も使えます。ステージは、森や洞窟、お城や砂漠そして海の中等非常に多彩になっています。旅の途中で立ち寄る街には人々が生活しておりそこで旅や謎のヒントに耳を傾けることになっています。



ワンダーボーイ0010
*街では様々な人との出会いが・・・



シンプルな作りで特にめずらしいところはない横スクロールのアクションRPGですが、ゲーム自体の完成度は高いです。ゲームバランスはやや難易度が低い作りで謎解きもそれほど苦労するわけではありません。

また、自キャラや敵キャラクターの動きや表情はよく出来ており見ていて飽きがきません。さらに、武器や防具を新しいのに変えるとそれに応じて自キャラのグラフィックも変化します。ステージの背景のグラフィックも美しく当時のメガドライブソフトの中でもトップクラスではないでしょうか?特徴のある動きをするボスとの戦闘もなかなか楽しいです。



ワンダーボーイ0011
*背景のグラフィックも美しい



ただ、操作するキャラクターの装備武器のリーチが短く敵との戦闘は非常にチマチマした印象になるのが残念です。そういう意味では間合いやタイミングが重要になってきますね。それと、お助けキャラが途中で仲間になって冒険をサポートしてくれるのですがあまり役に立ちません。正直いてもいなくてもいいような気がしますね。



ワンダーボーイ0007
*お助けキャラ登場



とまあ、多少の不満点はありますがそれ以上に長所の多いこのゲーム。プレイ時間もクリアまでそれほどかかるわけではないので(街の宿屋でセーブ出来ます)繰り返しプレイ出来る気軽さもいいですね。ポップなグラフィックは女性にもお勧めです。こういうゲームは携帯ゲームにこそ合っているような気がするのですが・・・(リメイク版出してくれないかな?)。メガドライブのこんな名作ゲームはいかがでしょうか?



セガゲーム本舗 ワンダーボーイ 5 モンスターワールド 3

0 Comments

Post a comment