★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?20(3月終了作品)」最終集計結果発表! PART4 AMNESIA(アムネシア)、幕末義人伝 浪漫、問題児たちが異世界から来るそうですよ?、イクシオン・サーガ DT、しろくまカフェ、さくら荘のペットな彼女

今期終了アニメ評価してみないかい?20(3月終了作品)」の最終集計結果PART4です。この企画についての詳しい説明はこちらをご覧下さい↓

★「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20」」

今回評価を掲載する作品は、AMNESIA(アムネシア)、幕末義人伝 浪漫、問題児たちが異世界から来るそうですよ?、イクシオン・サーガ DT、しろくまカフェ、さくら荘のペットな彼女です。

PART1の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7078.html
(ダンボール戦機W、ジュエルペット きら☆デコッ!、キングダム等)

PART2の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7081.html
(スマイルプリキュア!、イナズマイレブンGO クロノストーン、銀河へキックオフ、バクマン。3、石田とあさくら、ヤマノススメ)

PART3の記事はこちら↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7086.html
(ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-、僕の妹は「大阪おかん」、gdgd妖精s 第2期、あいまいみー、戦勇。、まんがーる!)

また、以前の企画の最終集計結果発表の記事はこちらをご覧下さい↓

★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?19(12月終了アニメ)」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆AMNESIA(アムネシア)

まず紹介するのは「AMNESIA」。原作はアイディアファクトリー(オトメイト)より発売された乙女ゲーム。アニメーション制作はブレインズ・ベース。キャストは、名塚佳織、柿原徹也などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は27人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.72 キャラクター 3.13 画 3.37 演出 3.04 音楽 3.3  総合的な評価 2.78 総合点 18.33となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆今日も今日とて相も変わらず。様
http://kyoutotesuki.jugem.jp/


素直に面白かったけどツッコミ所も満載だった。もっと冥土の羊の店長で遊ぶべきだった。軍曹とオネェしか覚えてないわ。人気あるっぽいけどトーマ=犯罪者としか…(←)。サワは所々で主人公を助けてた記憶がある、あの子はいい子。5人の中では表ウキョウが良いな。大事なときに居なくなるのがオリオン。


☆ピンポイントplus様
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/


ストーリー序盤から不思議な雰囲気が漂っていて、終盤で明かされる事実にびっくり。注目度はあまり高くありませんでしたが、名作の部類と思います。


☆おぼろ二次元日記2様
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/


ゲーム本作はとても良い作品と聞いているので、ちょっと残念なアニメの出来に
なってしまったと思います。
主人公が受け身過ぎるのと、攻略キャラの良さ・・・つまりここが好きになった、と
言える部分の描写が少なすぎてせっかく綺麗なキャラ&素敵声優さんが参加されて
いたのにもったいなかったです。

ループ・パラレルの世界で、サスペンスの要素を入れた独特の世界観は
普通の乙女ゲーのように甘甘なアニメにしてはダメ、と考えるべきなのかもしれませんが
それでも作画とストーリー運びはゲーム未プレイの視聴者にも分かるようにもう少し
頑張って欲しかったです。




☆幕末義人伝 浪漫

まず紹介するのは「幕末義人伝 浪漫」。アニメーション制作はトムス・エンタテインメント。キャストは、中井和哉、喜多村英梨などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は14人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.07 キャラクター 2.79 画 2.71 演出 2.43 音楽 3.14  総合的な評価 2.36 総合点 15.5となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆SOLILOQUY様
http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/


これは正直評価に困る作品ですね。
元はパチンコ・・・ですから(^^ゞ 小春が実は浪漫の実の妹ではないという事で攫われてしまってからの展開は、王道展開で先が読めつつも楽しませて貰いましたが、そこに至るまでがちょっと間延びしてしまったでしょうか。途中まで頑張ってレビューを書きましたが、途中挫折してしまいました(^^ゞ



☆ちぇっそもっさの四畳半様
http://muhanho.blog40.fc2.com/


-シナリオから作品設定まであらゆるものが雑で驚いた。BGMのダサさも随一。苦笑しつつも、ぶっ飛んでいたと言う点では度肝を抜かされた。稚拙さが全体を支配する一方で、主人公・浪漫と敵であるペリーの2人ともが「戦う理由」を同じにしていたことなど、熱いものを感じさせる部分はあった。やるべきことはやった。やり散らかした。愛すべきクソアニメだと思う。-


☆いま、お茶いれますね 様
http://84870.blog13.fc2.com/


この作品の感想を書き続けた自分を誉めてやりたい。



☆問題児たちが異世界から来るそうですよ?

続いて紹介するのは「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」。原作は竜ノ湖太郎によるライトノベル作品。アニメーション制作はディオメディア。キャストは、浅沼晋太郎、野水伊織などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は45人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.98 キャラクター 3.42 画 3.38 演出 2.93 音楽 3.18  総合的な評価 2.96 総合点 18.84となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆ゆらゆら気ままに様
http://setumizu.blog136.fc2.com/


コミュニティ再建のために皆がそれぞれ出来る事を頑張ったり、戦いの中でも友情が芽生えたりなど、温かさを感じられる場面がいくつもありました。
何よりロリが多くて最高だな。



☆ザ・ウインディ工房様
http://thunderbreak137.blog103.fc2.com/


第1話がかなり面白かったんで期待値は高かったんだけど
なんで全10話なんだろう・・・せめて12話やってよ!!
丁々発止の頭脳戦を期待してたんだけどねぇ
そういう展開もなかったし結局あまり進展のないままだしね・・・



☆アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)様
http://blog.livedoor.jp/voler/


主人公陣にはそれほど魅力を感じませんでしたが、悪役陣の方は“憎まれ役”として魅力なキャラが多かった気がしました。
変にしゃしゃり出てこない男主人公・十六夜の性格も、この手の作品の中では新鮮に感じましたね。
また、視聴開始当初はもっとバトル描写がある作品かと思っていたのですが、あまり無かったというのもちょっと意外でしたね。
ただバトルに代わるものとして“理屈”や“ロジック”などを使っていましたが、それらの描写が映像化作品として最適化されておらず、おそらくは(原作未読なので、あくまで“おそらくは”)原作の内容をそのまんま描いているようなところも多々見受けられたので、そこはちょっとマイナス点でしたね。




☆イクシオン・サーガ DT

続いて紹介するのは「イクシオン・サーガ DT」。原作はカプコンのオンラインゲーム「イクシオン サーガ」。アニメーション制作はブレインズ・ベース。キャストは、江口拓也、三上枝織などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は36人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3 キャラクター 4.03 画 3.17 演出 3.81 音楽 3.92  総合的な評価 3.56 総合点 21.47となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆★沖さん家★様
http://okikazenohibi.blog57.fc2.com/


やっぱり銀魂スタッフはやることが違ったwww最初から最後まで本当に面白かったwwwエレク様大好きです本当にありがとうございました!!


☆うつけ者アイムソーリー様
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/


かく言う私もDTでね。ふふ、言ってみただけ♪

 ネットゲーム原作の異世界召喚モノギャグアニメ。
 良くも悪くも高松監督以下銀魂スタッフが好き勝手やっていて楽しそうでした。パロディや声優ネタは所々度を越しており、付いていけないことも多々あったりツッコミがくどかったりで毎回素直に笑えたわけではないけれど、なんだかんだでキャラの掛け合いやら時折挟まれるシニカルなネタやらは好きだった。
 不能になってしまった男の悲哀や、8歳の少女の初夜など真面目にやってたらシャレにならない要素があったのも印象的。

 キャラクターも魅力的で、特別な力を手にしながらそれをほとんど使わず口八丁でその場を乗り切る主人公紺を始め、最初の2話で色々と持ってったエレク様や福山ボイスの乙女マリアンデールなど濃い連中が出揃っていた。ほどほどに俗っぽくて、時折カッコイイ所を見せるバランスは高松監督らしかったかな。
 個人的には、紺とヒメの兄妹みたいな距離感が微笑ましくて好みだったな。

 ストーリーはあってないようなものだけど、最終回の出来が脚本・演出共に無駄に良くてまさに「終わり良ければ全て良し」だった。あれはズルい(笑)



☆日影補完計画様
http://hikage27.blog130.fc2.com/


何の話だっけか?って、毎回思わせられるイクサガだったけど笑いのツボだったねぇww
しかも、キャラ濃いすぎってね^^;  毎回何も考えずに観れたイクサガ最高でしたb 




☆しろくまカフェ

続いて紹介するのは「しろくまカフェ」。原作はヒガアロハの漫画作品。アニメーション制作はstudioぴえろ。キャストは、櫻井孝宏、福山潤などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は19人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.45 キャラクター 4.63 画 3.68 演出 3.89 音楽 3.74  総合的な評価 4.12 総合点 23.51となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆しのぶ村長の日誌 〜ゆったりとび森〜様
http://d.hatena.ne.jp/shinobu11/


1年間という少し長めのクールでしたが、最初から最後までほのぼの楽しめたアニメでした。声優陣が豪華で安定感もあって安心して見ていられました。動物達もそうですが、料理の作画が気合入ってる気がしましたw あとエンディング曲にキャラソンを使ってるだけでなく、一ヶ月毎に替わるシステムが斬新でした。


☆橘の部屋2様
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/


これは長かったですよね。
ええっと2012年4月からだから
丸1年やってたんだな。
ずっと見てましたよ。

人語を喋り、
人間みたいな生活している動物達の話、
じゃなく、
普通に人間の生活の中に、
そういう動物達が混ざっている不思議世界。
尚且つ動物園ってものもあるなんてさ…。
最初は凄い奇妙だなと思いました。

動物が普通にその辺歩いてるなら
動物園要らないし…。
でもそんな動物園で
動物達がバイトしてるわけで…。
不思議すぎる。

でも見てるうちに慣れちゃって。(笑)
しろくまカフェ行きたくなりましたね。

声優陣がまた見事にキャラになりきってましたねぇ。
人間語を喋る動物、なわけで
それぞれの鳴き声、じゃなく
イメージの声でしょ。
シロクマ君のちょっともっさりした口調とか
ペンギンさんの、ややつぶれたような声とか
あぁ確かに喋ったらこんな感じかも!と
思える声で、素晴らしかった。

シャキシャキなイメージの紀章さんが
ナマケモノ君の、超スローな喋りをやってるのが
なんか気の毒な気がしてましたが
声は合ってましたねぇ。
歌までスローで笑えましたが
紀章さんあんなゆっくり歌ったの
初めてじゃないですか。

この作品ではパンダ君が可愛いと言われてますが
私は、これ見てパンダが嫌いになりました。(あ)
職場でも家庭でも、忙しく働いてる横で
ぐーたらしてる人が居るとカチンと来ちゃうタイプなので…。
パンダ君見てると、そういう人たち思い出しちゃってさ。

そんなパンダ君もたまには良いことしてたし、
常勤パンダさんとのお別れの話のあたりでは
ちょぃとほろりとしましたけどね。

なんといってもグリズリー君が好きでした。
良い人過ぎて、泣けます。
彼のお母さんの声が永遠の17歳さんでしたが、
物語の中で歳訊かれて17歳って答えてたのは
中の人ネタなのか、偶然なのか、
原作がどうなのか気になりますね。

あ、宮野君たちのヤマアラシも良かったな。

パンダママが乙女してましたね。
そういえば森川さんのパンダママ、
なんでママ役を森川さん!?と
不思議だったんですが
これも見てるうちに馴染んじゃいましたねぇ。

EDがキャラソンで1か月ぐらいで交代だったのが
面白かったです。
OPもいくつかありましたが
雰囲気合ってましたよね。

もっと続いてくれても良かったのに
終ってしまって残念でした。



☆遊撃なる天使・焉様
http://blog.livedoor.jp/rylemayura/


1クール目がすごく面白かった記憶がある
後半は息切れ感も多かったなぁ
面白いのもたまにあったけどw
ペンギンさんとパンダくんが酷かった




☆さくら荘のペットな彼女

続いて紹介するのは「さくら荘のペットな彼女」。原作は鴨志田一のライトノベル作品。アニメーション制作はJ.C.STAFF。キャストは、松岡禎丞、茅野愛衣などが出演。



このレビューに参加して頂いた方の人数は53人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.13 キャラクター 3.62 画 3.55 演出 3.19 音楽 3.28  総合的な評価 3.15 総合点 19.92となっております。

それでは、評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


☆~疾風の如く時を駆け抜けるうさぎ~様
http://toki24827.blog49.fc2.com/


ところどころ改変はあったけど卒業式までやってくれて
とても満足のいく出来だったと思いました。
ななみんかわいいよななみん。



☆かる日記様
http://karu.blog.so-net.ne.jp/


途中から「ペットな彼女」ではなくなってしまった感がある。
仁と美咲にあまり必要性を感じられず、
後々それなりのポストに収まっただけという気がする。
天才と凡人の差を見せつける趣向だが、
トータルで見ればそれほど新しさを感じる作品でもないなと。
七海と優子の可愛さだけが視聴意欲に繋がっていたかも。
優子のスピンオフやったらウケそう。



☆サイネリア~わたしのひとりごと~様
http://saineria.at.webry.info/


1クールかと思いきや2クールと意外な作品であった。さくら荘の住人それぞれの道を描くことでストーリーが膨らみ、挫折を繰り返しながら前に進もうとする主人公の姿が印象的であった。


PART5へ続く・・・

0 Comments

Post a comment