(アニメ感想) 姫様ご用心 第6話 「ニャンコの国のナーナ」

TVアニメ『姫様ご用心』オープニング主題歌 百発百中とらぶるん(音符記号)




ネコの国の姫様と間違えられ、危うく連れて行かれそうになった姫子。無事助かった彼女ですが、変わりに連れて行かれたのはナーナ。哀れ・・・一人ぼっちで幼い少女一人見知らぬ星へと連れてこられ、消えた姫が帰ってきたと歓迎を受けますが、言葉も通じない始末・・・。右も左も分からない国で、一方的なノーマッドもといネコ大臣のペースに巻き込まれていくナーナは、ついにお城からの脱出を図るのでした・・・。まあ、ネコ大臣に例え言葉通じたとしても人の話し聞かなそうだから終始彼のペースに巻き込まれてしまいそうですけどね(苦笑)。ナーナが今までどんな国でどんな生活を送ってきたのかは知らないですが、あまり幸せな人生だったとは言いがたいような気がします。しかも、にゃんこの国に来て思い出すのはなぜか姫子の顔・・・普通両親の顔を思い出すでしょう?姫子とあってからロクなことないのに・・・。

そういえば、何気にネコ兵士役で真田アサミさんが出てました。しかも語尾が「にょ」にも聞こえましたが・・・(笑)。真田アサミと沢城みゆきと言えばデジキャラットですな、これがやりたかったのか・・・。美鈴先輩のロケット三段落ちはもはや、伝統芸能と呼べる域でしたね。あの人ってもはやこういう役回りでしか活躍してくれないのでしょうかね?

さて、にゃんこ王国のナーナですが相変わらず大臣の勘違い暴走は加速します。姫にゃまが嫌いだからと言って国中の犬を集め島流しにしようと言う暴挙に・・・まあこの国の犬もお世辞にも可愛いとは言えないほど醜くて怖い顔しているのですけどね。連れ去れる犬達を見てお嘆きになった我らが姫にゃま、「私、皆のために歌うわ!」マイクを手に取り静かに歌いだします・・・そうあの歌を。デジコにノーマッド、最後はミンメイと良く分からない展開でしたね(苦笑)。

まあ、結局はネコ大臣の勘違いだと分かり元の星に帰っていくナーナですが、このネコ大臣、王冠つけてりゃ何でも姫にゃまと思い込むようです(笑)。そして、銀河特急とロケットの衝突により姫子が記憶喪失に・・・。「ここは誰?私はどこ?」大変だにゃ~~!!姫子が前よりさらにアフォになっている!!!これ以上はもう勘弁してください(笑)。

「姫様ご用心」プロローグソング ~迷い姫ぱにっく (DVD付)

0 Comments

Post a comment