(アニメ感想) キルラキル 第7話 「憎みきれないろくでなし」

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ

シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2013/11/13)
藍井エイル

商品詳細を見る



☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

まるで童話のような教訓的要素を含んだお話しでございましたね。この手のベタベタな内容を盛大してしまうあたり、実にこの作品らしいと言えます。皐月のラスボスとしての分りやすい立ち位置。そんな彼女が仕掛ける罠。流子にとって家族同然の友人一家を堕落せさてしまったそれは、物理的な攻撃の何倍もの破壊力を伴って流子の胸に突き刺さりました。

ただ友人を利用して流子に肉体的、精神的ダメージを与えることが皐月の目的ではないような気がしますね。この世界のシステムを構築したのはおそらく皐月でしょうが、彼女自身が考える合理性というものがそこには存在していて、それが機能している間は力なきものは淘汰されていくのだろうと思います。

今回は流子をけしたかけたことによって、場合によっては流子を葬るだけでなく、早いサイクルで一気にこの学園の膿を出すことに成功したというてじょうか。

そこまで見据えた上での罠だとしたら、やはり皐月という女は恐ろしい女です。強さはもちろんですが、その洞察力と思考力の高さ・・・まさにラスボスにふわさしい存在と言えるでしょう。彼女の元までたどり着くまでに多くの困難が流子には待ち構えているだろうが、これを打倒した時に得られるカタルシスは相当なもの・・・わかりやすい物語とはこうあるべきですな。

<新作アニメ「お姉ちゃんが来た」が1月8日より放送!・・・「ピッコロのらじお♪」は11月20日水) 21時30分より放送予定>

11月20日(水)21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」では10月より放送を開始した秋の新作アニメをレビューします!、凪のあすから、IS<インフィニット・ストラトス>2、キルラキル KILL la KILL、WHITE ALBUM 2、はじめの一歩 Rising、黒子のバスケ 第2期、機巧少女(マシンドール)は傷つかない、革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン等、大いに語りましょう~!!

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8278-4f7ea204
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/406f3db2f69142e55a03ecbde0313afe/60
http://luvnail.blog46.fc2.com/tb.php/2569-7d21256d
http://ameotokops.blog.fc2.com/tb.php/436-268736e4

0 Comments

Post a comment

23 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
  • 母親は幼い頃になくなり父親から寄宿舎のある学校に通わされたため家族との食事は知らない そんなものだと思っていたけれど家族みんなで食べる食事はおいしいものだとしみじみ思う流子 なんでもかんでもコロッケにされちゃうと中身が気になってしまいますけど(苦笑) お昼休み、丹精込めて作ってくれたお弁当にジャックナイフ部部長が襲い掛かってきて台無しに 南京玉すだれ部部長やら綱渡り部部長やら戦闘シー...
  • 2013.11.15 (Fri) 12:46 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  『キルラキル』#7「憎みきれないろくでなし」
  • 「みんなキラキラしてる。こんな生活うそみたい。 流子ちゃん、私頑張るよ。喧嘩部部長として」 満艦飾家のにぎやかな食卓にもすっかりなれた流子。 学園での星持ちたちからの襲撃にもすっかり慣れた様子だったが、 何でも流子に勝てば3つ星になれるとのこと。 だが、流子に挑めるのは部長だけらしく、 ヘンテコな部活が続々作られている様子…
  • 2013.11.15 (Fri) 21:13 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  欲望には勝てなかったよ… キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」感想
  • 皐月が大量生産した二つ星極制服を欲した者達によって部活動が乱立し、流子は数多の部長達から狙われる慌しい日々を送っていた。 そんな中、流子はただ待っているのではなく、この本能字学園のシステムを利用して困窮する満艦飾家の生活を改善しようと『喧嘩部』を自ら創設してしまう。 皐月の一声によって公式に認められた「喧嘩部」は流子の活躍もあり瞬く間に成果をあげ、満艦飾一家の...
  • 2013.11.16 (Sat) 00:30 | アニメ色の株主優待
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」あらすじ感想
  • 今回はマコ・満艦飾家メイン回で、流子が喧嘩部を作り、学園の部活とたくさん戦う話。流子が勝つごとに裕福になっていく、満艦飾家。ですがそれによって家庭は――。幸せってなんだろう…?と考えさせられる、奥深い1話でした。
  • 2013.11.16 (Sat) 03:09 | コツコツ一直線
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル #7「憎みきれないろくでなし」感想
  • 家族って素晴らしい!やはり食事はみんなでするに限る前から学園のシステムに疑問を感じていた纏部長であれば普通の生活ができるという事で喧嘩部を立ち上げる以前とは比べ物にならないほどの裕福な生活(それでも人並みだけど)に満足の一同まんまと向こうの思う壺じゃねーかそれに慣れきった家族は心が離れていく金を持つと人が変わるってアレ分かりやすいほどの変わり身か!その裏では流れるように各部長が倒されてるその...
  • 2013.11.16 (Sat) 03:32 | サブカルなんて言わせない!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル TBS(11/15)#07
  • 第7話 憎み切れないろくでなし いつも家族全員で食べる夕食が嬉しい流子。母親は知らず、父は流子を寄宿舎に入れた。初めての家族団らんを知ったのだった。しかしお風呂を覗かれるのは許せない。 ランチ時に投げナイフ部、南京玉簾部、綱渡り部から 襲われる。流子の所為で曲芸部が細分化した、流子を倒せば 3つ星極制服が部長にだけ渡される。部長でないともらえないからだった。 それならと喧嘩部を作って内部から...
  • 2013.11.16 (Sat) 12:26 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話 11/16 あらすじと感想 #Kill_la_Kill #キルラキル
  •  皐月さまも、お人が悪いw。  冒頭は、満艦飾家の食卓は賑やかである。元々、流子ちゃんは、母親を早くに失くしてから、寄宿舎付きの学校に通っていたらしく、家族の団らんというものを知らなかった。流子ちゃんは、この空気に幸せを覚えていたようだった。  翌日、いつものように、マコちゃんと弁当を食べていると、投げナイフ部やら、南京玉簾部やら、元曲芸部の部員たちが部長を名乗って、流子ちゃんを...
  • 2013.11.16 (Sat) 14:08 | ζ[ZETA] Specium blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第七話「憎みきれないろくでなし」 感想
  • 堀内賢雄さんの格好良い声はずるい。 あらすじ 部活や学業等の成績をそのまま家庭の生活レベルに反映させる。それが本能字学園のシステムだ。マコのせいで最低水準で生活する満艦飾一家だが、彼らはいつも幸せそうだ。そんななか流子は部活制度を逆手にとってマコを部長に任命、『喧嘩部』を創立する。部の成果が上がるほど満艦飾家の生活も向上。大喜びで流子に感謝する満艦飾家。しかしマコは手に入れた生活...
  • 2013.11.16 (Sat) 20:34 | 書き手の部屋
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎み切れないろくでなし」
  • マコの一家との暮らしに、家族の温かみを実感する流子。 学内では流子を狙う部活が乱立して、次々と挑戦してくる。 流子も喧嘩部を作り、マコを部長にして、有象無象の部を撃破していく。 それにつれマコ一家の生活はセレブになるが、家族の絆は薄れていってしまう…。 物質的な幸福だけでは人は幸せにならない。 そんなテーマを、お茶らけたストーリーで描いた良エピソード。 1話完結でいろ...
  • 2013.11.16 (Sat) 20:58 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
  • 「キルラキル」オリジナルサウンドトラック(2013/12/25)TVアニメOST商品詳細を見る  このアニメも視聴を継続しています。勢いが凄いですね。昭和アニメを意識したような表現方法で疾走していますよ。猥雑さも昔ながらといった感じでしょうか? 主人公はイケメン女子ですが、女性キャラも遠慮なくボッコにされるようで。ヒロインにも容赦がありません。第7話はギャグ回かと思えば、家族物語も含まれて...
  • 2013.11.16 (Sat) 22:34 | 破滅の闇日記
この記事へのトラックバック
  •  キラキラのクラクラだったの!/キルラキル7話他2013/11/16感想
  • <記事内アンカー> キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」 幻影ヲ駆ケル太陽 episodio XⅣ「踏み込めない心」  夕食後しばらくして断続的な腹痛+軽い下痢になって唸ってました(((( ;゚ω゚)))) まだちょっと気持ち悪いですが症状自体は数時間で回復してくれたようで良かった……うーん、冷凍パン粉焼きの加熱が不十分だったか。皆さんも食事にはお気をつけて。
  • 2013.11.17 (Sun) 05:26 | Wisp-Blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  貧しいながらも楽しい我が家
  • 絶滅動物! これは取りあえず明日食べる物の心配がない、 住むところがある・・という程度の、です。 『キルラキル』 第七話 憎みきれないろくでなし にぎやかな食事ってイイもんだなぁ 流子は鮮血に言います。 母さんは早くに死んで 父さんは私を寄宿舎付きの学...
  • 2013.11.18 (Mon) 14:59 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル #7
  • 流子が喧嘩部を作るお話でした。猿投山との戦いが続くのかと思いきや、あの戦いは1話限りだったようで、今回は流子たちは普通に生活しています。そして流子を狙って、各部
  • 2013.11.18 (Mon) 17:16 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
  •  昭和世代の原体験に近い部分を抉り出し、正面突破したような一話、と評すべきでしょうか。  放映初期から、この作品は昭和的なアレやらコレやらをてんこ盛りにした印象が強く、もうその辺りの描写にかけては「全然スロットルを緩める気がねぇ」ということを、見ているこちらも了解しているつもりだったのですが…。今話はまた、それが更に一歩抜きん出ているというか、突き抜けているというか。  時折見か...
  • 2013.11.18 (Mon) 22:05 | Old Dancer's BLOG
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
  • どこまでが皐月の掌の上で踊らされてのか・・・深慮遠謀な彼女の辞書に友情とか絆とかの類の言葉が存在するのかどうか知りませんけど、さすがに流子とマコの友情の深さまではどうかな?でも花火の演出があったから、何らかの形で2人がシステムの枠外に逃げられる可能性くらいは想定していたのかもしれませんね。ともあれ、頭を使うのは苦手な流子がマコに事務処理を丸投げして部長職を任せ、マコが意外にも事務能力とネゴシ...
  • 2013.11.25 (Mon) 18:50 | ボヘミアンな京都住まい