(アニメ感想) キルラキル 第9話 「チャンスは一度」

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ

シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2013/11/13)
藍井エイル

商品詳細を見る



☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

前回少しでも蒲郡のことをかっこいいと感じてしまったことを今激しく後悔している。コイツはファイターなどではない!戦いを口実に自身の性的欲求を満たしている変態である!!・・・流子はそんな変態のM調教の協力をしてしまったのですから(って言うか女王様役?)、何ともシュールな絵でございましたよ。

しかし、真面目なのか不真面目なのかよく分らないこのノリは嫌いじゃないなあ~。どんなにかっこつけたって人の本来の姿はこうであると突きつけられているようでもあり、そこには実にシニカルな笑いが含まれているのですよ。ただそんな人間のどうようもない部分を否定するわけではなく、それも含めての人間であるという姿勢は終始感じています。

まこの家族が金に目をくらんで流子を金儲けの道具として扱ったお話しもありましたけど、その後の改心で流子はそれを許していました。用は「人間らしさ」を一つのテーマとして描かれているのですよね。その点で言うと、合理性を追及している皐月とは「人間らしさ」からかけ離れている気がします。

理不尽であっても、徹底的に競争原理を機能させて、そこで勝ち残ったもののみがあらゆるものを手に入れられるというシステム。そこには全ては個人の責任によって行われるべきであるという皐月の思想が強く反映されているのでしょう。徹底した個人主義と言えますが、これに立ち向かおうとしている流子はというとマコの家族との関わりの中でその強さの裏付けとなっているものが変わりつつあるように思いますね。

それは徹底した競争原理を機能させた中で全ての者の頂点に立ち、他者を駆逐してその地位に立ったが故に孤独である皐月との対立軸が何かを明確にするものとして必要なファクターなのでしょう。しかし皐月が非人間的であるかというと案外そうでもなさそうで、今回流子に敗北を喫した蒲郡をある部分においては認めたことからも、それは理解出来ます。

皐月の掘り下げが今後欲しいところですな。

<「うたの☆プリンスさまっ♪」のTVアニメシリーズ第3期の制作が決定!・・・「ピッコロのらじお♪」は12月4日水) 21時30分より放送予定>

12月4日(水)21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」では10月より放送を開始した秋の新作アニメをレビューします!、凪のあすから、IS<インフィニット・ストラトス>2、キルラキル KILL la KILL、WHITE ALBUM 2、はじめの一歩 Rising、黒子のバスケ 第2期、機巧少女(マシンドール)は傷つかない、革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン等、大いに語りましょう~!!

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

http://2009nenaki.blog11.fc2.com/tb.php/1202-c5fd614b
http://ameotokops.blog.fc2.com/tb.php/440-ee2b979f
http://luvnail.blog46.fc2.com/tb.php/2599-31076c48

0 Comments

Post a comment

21 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『キルラキル』#9「チャンスは一度」
  • 「誰も俺を攻めなくても俺が俺を攻める! 自分の技で自分を攻める。 攻めて攻めて攻め抜いて、自分で頂点に達する!」 それって…。。。 第1回壊惨総戦挙塔首頂上決戦は、 流子と倒した敵の数が少なかった蟇郡とが、初戦を飾ることになった。 四天王と連続で戦うことを美木杉が危ぶみ、棄権するよう促すが… 流子はそれを跳ね除けて戦いに臨んだ。
  • 2013.11.29 (Fri) 21:18 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話「チャンスは一度」 感想
  • 蟇郡さん、もう2フォームの三つ星極制服 縛の装、死縛の装両方とも酷すぎるものw ドMな縛の装にドSな死縛の装、ボールギャグを咥えて、もうやりたい放題ですね 縛の装から死縛の装に変るために、自分自身を痛めつける行為って、完全にアウトだろーーw 蟇郡さんの2フォームを破るために、変身を解いて、縛の装に飛び込む流子さんでしたが、内部で新たな変身、鮮血閃刃で蟇郡さんを破ります どうみても...
  • 2013.11.29 (Fri) 23:24 | 積みとゆとりのブログ
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル #9「チャンスは一度」感想
  • 何とも少年漫画の展開四天王とタイマン初戦の相手は前回助けてもらった蟇郡やりづらい相手ではある自分で攻撃してパワーを貯めるってMの極地ですな流子の生ケツをチラ見せでオッ!と思ってしまうまんまとスタッフの思惑にハマってしまうなぁ握手で気付いたけど大きさおかしすぎやろwwそんなこんなで絶対防御の蟇郡の中に取り込んでもらい中から直接攻撃するというまぁよくある倒し方ですわね次は謎が多い四天王の一人皐月...
  • 2013.11.30 (Sat) 02:06 | サブカルなんて言わせない!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル TBS(11/29)#09
  • 第9話 チャンスは一度 俺は皐月様の絶対の盾だ。搭の高さが倒して生徒の数を表す。低い順に流子と戦うことに順番が決まる。蟇郡、犬牟田、蛇崩、猿投山の順番だった。最初は蟇郡苛、しかし対戦は1時からだ。 お弁当を食べて準備する流子。美木杉が訪れて四天王寺戦は棄権しろ。まだ早過ぎる、それに4人連続は無理だ。 縛の装を見て知っている流子は手を出さない。それなら自縄自縛だと自分で自分に攻撃してパワーを溜...
  • 2013.11.30 (Sat) 12:15 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話 11/30 あらすじと感想 #Kill_la_Kill #キルラキル
  •  初戦は風紀部。  四天王との対戦となった流子ちゃん。最初の対戦相手は、誰か?。四天王が、それぞれ、名乗りを挙げるが、既に、順番は決まっていたらしいw。四天王が倒した相手の数が少ない順に流子ちゃんとの対戦となったw。故に、一回戦は蟇郡さんが相手となった。  やる気充分の流子ちゃんだったが、試合開始は午後1時、風紀部らしく、時間厳守ということになり、流子ちゃんは、マコちゃんのお母さ...
  • 2013.11.30 (Sat) 13:10 | ζ[ZETA] Specium blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第九話「チャンスは一度」 感想
  • ドMVS痴女。 喘ぎ声に妙な艶があって嫌だ。 あらすじ 『塔首頂上決戦』。 四天王全員に勝ち抜けば皐月と戦うことが出来る、それが皐月が流子に提示した試合の報酬だった。試合のレベルの高さを危惧する美木杉には棄権を薦められるが、皐月と戦うためだと流子は譲らない。最初の対戦相手は蟇郡。その能力を既に知る流子は、蟇郡へ攻撃を加えずに乗り切ろうとするが、蟇郡は自らを痛めつけることで力を蓄え流...
  • 2013.11.30 (Sat) 20:03 | 書き手の部屋
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話「チャンスは一度」
  • 流子VS蟇郡!  蟇郡の死縛の装の前に攻撃を受けるだけの流子。 鮮血の策で、流子は一度のチャンスに賭け勝負に出るという展開。 蟇郡がどう見てもヘンタイにしかみえないのが(^^;  『塔首頂上決戦』。 四天王全員に勝ち抜けば皐月と戦うことが出来る、それが皐月が流子に提示した試合の報酬だった。 試合のレベルの高さを危惧する美木杉には棄権を薦められるが、皐月と戦うためだと...
  • 2013.11.30 (Sat) 23:07 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話「チャンスは一度」感想
  • 「四天王戦は棄権したまえ」 壊惨総戦挙を勝ち残り『塔首頂上決戦』に挑む事になった流子は同じく上位五名に名を連ねる四天王との連戦に挑む事になる。 流子は午後一時から始まる蟇郡との初戦を前に四天王の連戦を危惧した愛九郎から棄権するよう忠告されるものの、父親の死の真相を求め愛九朗の言葉に耳を貸さなずに頂上決戦へと出場してしまう。 流子は蟇郡の極制服の弱点を尽き不用...
  • 2013.12.01 (Sun) 00:33 | アニメ色の株主優待
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル #9
  • 流子と苛が対決するお話でした。いよいよ流子と四天王が激突する時がやって来ました。最初に対決することになったのは苛でした。しかし、苛は風紀委員だけあって、いろいろ
  • 2013.12.02 (Mon) 18:10 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話「チャンスは一度」
  •  引き続き、楽しく視聴中。  …なのですが…これまでが「ブレーキもアクセルもぶっ壊れた暴走車(でも楽しい)」に乗ってる感じで、ぶんぶん振り回されまくりだったのに比べると、今回のはかなりおとなしい部類に見えてしまうから困ります。ぶっ飛んだ表現は未だに多いんですがね、ステージの横にある電光時計を指差す巨大蒲郡とか、口枷をした状態でドアップになるだけで「アウトー!」って言いそうになる蒲郡とか...
  • 2013.12.02 (Mon) 23:02 | Old Dancer's BLOG
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話 「チャンスは一度」 感想
  • 蟇郡はやっぱりいいキャラしてますね。 それにしても蟇郡の大きさはどうなってるの!? 山のフドウ並の大きさになってたりしましたよ! 大豪院邪鬼が大きく見えたのと同じ理屈なんですかね。 『塔首頂上決戦』。 四天王全員に勝ち抜けば皐月と戦うことが出来る、それが皐月が流子に 提示した試合の報酬だった。 試合のレベルの高さを危惧する美木杉には棄権を薦められるが、 皐月と戦うためだと...
  • 2013.12.03 (Tue) 00:43 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 9話「チャンスは一度」
  • 蟇郡の覚悟・・・ キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/01/08)小清水亜美、柚木涼香 他商品詳細を見る
  • 2013.12.03 (Tue) 17:04 | 新しい世界へ・・・
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話「チャンスは一度」
  • キルラキル (1) (カドカワコミックス・エース)(2013/12/02)あきづき りょう商品詳細を見る  蟇郡苛との決戦バトルになりました。彼の極制服は強力でありますが、どう見ても変態さん。口に咥えているのは、アレですよね? ボールギャグという拘束アイテムらしい。受けたダメージを攻撃力に変換してきます。攻撃しなければ大丈夫かと思えば、自らを痛めつけてダメージを蓄積していきます。流子を追い...
  • 2013.12.03 (Tue) 17:30 | 破滅の闇日記
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話 感想 - 色々なアイデアが詰め込まれたバトルだった
  • キルラキル 第9話 「チャンスは一度」の感想です。 難攻不落に見える蒲郡でした。 攻撃を寄せ付けず吸収する「縛の装」 ⇔ ためたエネルギーで反撃する「死縛の装」 さてこれをどうやって攻略しようか。 脚本家の方もしばし考えたかもしれないですね。
  • 2013.12.05 (Thu) 05:10 | ひそか日記
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第9話 『チャンスは一度』 勝負の行方より蒲郡の巨大化が気になって仕方ない。
  • 最初は二倍くらいだったのに。中学時代に皐月と対決した蒲郡。完全防御を謳った鎧ですが突き抜けちゃってる。この時点で内蔵グシャグシャ、蒲郡死にそう。跪かん、跪かんぞ!!なんか「北斗の拳」の拳王っぽい。 そしてでかさも拳王級…というか「魁!!男塾」の大豪院邪鬼みたい。当初皐月の倍ぐらいかと思った身長がグングン伸びていき、最終的には10メートルぐらいになってないか。握手が成立せず巨人と...
  • 2013.12.08 (Sun) 12:56 | こいさんの放送中アニメの感想