(アニメ感想) Z/X IGNITION 第9話 「PHASE9」


投稿者・フォルテ

刹那の笑顔 【UC】 B06-079-UC 《Z/X(ゼクス) ブースター 第6弾「五神竜の巫女」》刹那の笑顔 【UC】 B06-079-UC 《Z/X(ゼクス) ブースター 第6弾「五神竜の巫女」》
()
ブロッコリー

商品詳細を見る



☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から
アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。
掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!



↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

墓参り、綾瀬のストーリーはカードのほうで少し知ってるので物語単品では評価することは難しいですが復讐者だったの案外忘れてもおかしくない間があったせいでちょっとどうかな?

ともかく詳しい説明が、なんかこのあたりズィガーの声のせいで友人帳思い出したの内緒ね

マジかよ!!?白のゼクスに恩人いたのかまーた過去回想、事故ってアンタ、子供が車田漫画みたいなふっとびかたしで殺されるとかもう少しなにかシュールな笑い混ぜるのはどうにかしてもらえませんでしょうか?まじめにみてたのに不意打ちくらってしまったぜお

車田漫画みたいな吹っ飛び方で村を証拠隠滅のためにけしたのかよ・・・こりゃフィエリテはんや今回のガーディアンみたいに離反する奴も復讐鬼になる奴もいるわけだ、ズィガーさんがなにげに血に飢えたプレデターっていうよりエロネコなとこ除けばいい奴なんですね、擬似的な綾瀬の父親というか親戚のおじさんとかそのへんみたいな感じが、本当に綾瀬を殺せるのか?

ガル君の存在が綾瀬の復讐が揺らぐ用素として飛鳥君に続きここまでくると引き返せない感じが薄いのがなんとも、しかしおばあちゃんの死後のゆっくりな復讐の火がついたわけですが・・・もうちょっと失う描写シビアにいて欲しかったかな、なにかおばあちゃんの死があっあさりなせいで闇取引までの流れがいまひとつと!思いきや声優さんの演技って偉大だ泣き震えながら復讐したい相手がいるから殺すのはそのあとにってあのあたり、ズィガーとの邂逅からの本編までにいたるまでの過程のおかげで揺らぎそうな復讐が逆に引き返せないラインまでに持っていくとは、声って偉大だねさすが沢城 みゆきさん!

復讐に走る人間は全部そうとはいえないけどあんがい恵まれてたとかある程度裕福でないと難しいのかなとなんとなく考えたけどまあいいや

救ったはずがかみ合わず復讐鬼に、良かれとおもって助けたら意図しない道に今回は前半薄い印象でしたが後半はなかなか、でもやっぱりキャラクター多すぎて濃度が今回みたいに綾瀬メインのはずなのにラストとかその辺で薄くなってしまうのが難点か

これ本当に1クール?


     「
~~~蛇の足~~~~~
    」

今週のズィーガーさん、猫の子一匹いねぇってズィーガーさんあんたいるやないのブラックポイントの近く

<TVアニメ「アオハライド」7月から放送開始!・・・3月14日(金)夜9時半より「ねとらじ」にて「ピッコロのらじお♪」放送!>

3月14日(金)21時半から放送の「ピッコロのらじお♪」1月より開始した冬季新作アニメをレビューしていきますよ! 中二病でも恋がしたい!戀、魔法戦争、銀の匙、Z/X IGNITION、ニセコイ、 世界征服~謀略のズヴィズダー~、桜Trick、pupa -ピューパ-、ストレンジ・プラス (STRANGE+)等。是非視聴の参考にして下さい

当日は掲示板も設置!初めての方も大歓迎!アニメ好き同志交流を深めませんか? ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Z/X IGNITION(ゼクスイグニッション) 第9話 『PHASE9』 泣き虫復讐者、綾瀬。
  • 復讐の原点。上柚木綾瀬が何故天使を狩る復讐者と化したのか。彼女は元々奈良の山村に居たんですね。え?あんな格好して田舎娘だったの!?と思ったら違いました。彼女の両親は考古学者であり、この村で発掘を行っていたと。そこに天使がやって来て、村民皆殺しの大虐殺に巻き込まれた。両親だけじゃなくて村一つ消されちゃったというのにビックリ。何とも物騒な天使、悪魔の間違いじゃないかと思った。 そこにやって来たの...
  • 2014.03.15 (Sat) 14:07 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  Z/X IGNITION PHASE 9 感想
  • あらすじ 天使に対して執拗に攻撃を続ける「エンジェルキラー」こと上柚木綾瀬。年が明けての1月7日、綾瀬は自分がエンジェルキラーとして、復讐に生きる宿命(さだめ)を背負うことになった、因縁の場所を訪れていた。彼女の秘められた壮絶な過去が、今明らかになる。 脚本:砂山蔵澄 / 絵コンテ:向井雅浩、平原春夫 / 演出:牛草 健 / 作画監督:渡辺純子、新妻大輔 奈良県西南部山間の...
  • 2014.03.16 (Sun) 17:05 | 趣味人の宿部屋