(アニメ感想) さばげぶっ! 第2話 「ツインテールのワナ/精神トレーニング/沈黙のKILL or DIE」


投稿者・フォルテ

さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)さばげぶっ!(1) (講談社コミックスなかよし)
(2012/10/17)
松本ひで吉

商品詳細を見る


アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から
アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。
掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!



↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

ありますよね幼少期のあだ名で呼び続ける親(モカリン)


いや~今見たことをありのままお話します!サバゲアニメをみていたとおもったらプロレスが始まった!何をいってるか(以下略)

この作品はいいギャグアニメですねーなんというか地味に現実離れしてないような範疇のギャグをアニメ的に表現している感じで

主人公は回りしらぬまに才能開花させたり敵だらけで包囲網しかれてたり、仕掛け人が意図しない方向に行くギャグ、ツインテの声低くなるのおもしろいやw+まさかツインテがMにめざめるとはw



しかも主人公が流されるだけじゃなく毒舌だったりやられたらやり返してくれるので好印象、

そして納豆

無自覚の悪意とはこういうことか!先輩がドンビキするほどのゲス主人公、納豆風呂・・・・・悪魔だ!これトラウマになるよw

ここでお礼言われたらゲスでも人間性残ってるからダメージあるのかw納豆のCMでマクロスF思い出したのは僕だけじゃ無いよね?



そして謎のサイレントからの謎開戦!とっさの判断力ありすぎる以前に広い部室だなーそして主人公畜生だ!降参した丸腰も撃つ!引き分けとかいいつつ撃つ!勝てばよかろうなのだ精神

ギャグアニメで振り回される主人公はいれど逆襲とか執拗な残虐性ある奴そうそういないよ!気に入った!


この作品は普通かきまわす側の先輩や他のキャラクターが逆に主人公にドンビキする事やそれでも周りの人がどこかずれまくっててうまい事バランス崩しながらバランスがとれているいい作品だとおもいますよ~

   「 
~~蛇の足~~
  」  

出だしの掛け合いがおもしろかった(バリエーション作るのがいい)震え声でしたね「ちゃんとやるぞ!サバゲ」

おい、ゴーグル付けろよ

<「境界の彼方」劇場版2015年春公開!・・・7月16日(水)21時半放送の「ピッコロのらじお♪」にて!>

7月16日(水)21時半から放送の「ピッコロのらじお♪」では夏の新作アニメ徹底レビュー~!!7月より放送を開始した夏の新作を中心に語っていきますFree!-Eternal Summer、グラスリップ、白銀の意思 アルジェヴォルン、東京喰種トーキョーグール、ソードアート・オンラインⅡ、東京ESP、アルドノア・ゼロ、LOVE STAGE!!、ペルソナ4 ザ・ゴールデン 等。楽しく語り合いましょう~!!

当日は掲示板も設置しリスナーさんも自由に意見が交換出来るスペースを設けますのでどうか気軽に参加して下さいませ。

0 Comments

Post a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  さばげぶっ! 第2話
  • 最近の"なかよし"はすごいの載せてるんですね^^; ブルマでサバゲするモモカたち。 これ、原作もブルマなんだろか。 美煌ラブのうららちゃん、モモカが美煌と親しげにしているのが許すまじ。 モモカにいぢわるしますが。 やられっぱなしじゃ終わらないモモカ、うららちゃんに倍返しイベント。 うららちゃんドM化した^^;^^; なんか"なかよし"でどこまで描写がおkなのか挑戦してる作品...
  • 2014.07.14 (Mon) 21:35 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  さばげぶっ! 第2話 『ツインテールのワナ/精神トレーニング/沈黙のKILL or DIE』 モモカの暗黒面が広がっていく...。
  • 内憂外患?起きたら美煌が居て飯食ってた、カモも一緒。凛々しくて、統率力がありそうで、カリスマの中にも狂気が見え隠れする娘って大好き!あっさり家に入れたことと言い、モモカママどっか変。人物評価は正しいと思いますが。 朝練の誘いだそうですが「騙して入れた癖に!」と当然お断り。来てくれないとモカりん、大変遺憾だよモカりん。モモカの家での呼び名(家族以外に言われると恥ずかしい)を使っての脅し。渋々参...
  • 2014.07.18 (Fri) 14:10 | こいさんの放送中アニメの感想