(アニメ感想) ケロロ軍曹 第114話 「ギロロあだ討ちするはわれにあり!であります/ケロロまたまたまたダソヌ☆マソ?であります」




ケロロ軍曹 セレクション ちょっとだけよ 3/アニメ




夜、武器の手入れに余念のないギロロを付けねらう影が・・・。すぐに勘付いたギロロは、そのもの目掛けて銃を発射!そして、姿を現した、ロボット型(?)宇宙人と激しくやり合うギロロですが、トドメを刺そうとしたところで夏美に止められます。「なぜ止める!?」そう訴えるギロロに夏美は「あれを見て」と動かなくなったパワードスーツを指差します。するとその中には、タラバサワ人の二人の子供の姿が・・・。相変わらず、ガンプラのために仲間を売るとはひどい隊長です(汗)。仇討ちをするためゴザール星人のウッキー(18歳にはとても見えません(笑)を探していると言うムルーとオロー。報酬に目がくらみ、二人の手助けをしたいとケロロは申し出ます。水戸黄門パロのモアちゃんにワロタ。あの方のお風呂シーンは有名ですからね(笑)。

宇宙人街で情報収集のケロロ達ですが、一向に手がかりが掴めません。一方のギロロは、オローに戦い方のアドバイス。この種族の者達は皆そうなのかもしれませんが、手足のリーチがあまりにも短いため肉弾戦には向かないですね。なにせ、手よりも腹が出ているのですから(苦笑)。まあ、それゆえにパワードスーツに乗り込んで戦っているのでしょうけど。しかし、パワードスーツが使えない以上肉弾戦あるのみ!ギロロの特訓が開始します。木の陰に隠れて弟の頑張りを見守るムルー。巨人の星パロっすか?しかも、オローときたらカメハメ波まで発動させました。クオリティ高すぎです(笑)。

特訓の成果を今試す時だ!!ウッキーにやられた、ギロロを目の当たりにし怒れるオロー!・・・のはずですがなぜか突然ジャンケンを始めます。かつて宇宙ジャンケンの王者であった父はウッキーに敗れて以来、ふさぎこむ毎日。それでその復讐をするため宇宙ジャンケンでウッキーに戦いを挑んだのでした・・・お前ら元の星に帰っていいよ。結局二人の子供に振り回されただけのケロロとギロロでした。ところでケロロはちゃ~んと報酬もらったのでしょうかね?(汗)

さて、後半の話し・・・。お呼びじゃないのに、ダソヌ・マソ!のはずが、今回はダソヌ・マリの登場!!何となく声が怪しいのですが、まっそれは気にしないでおきましょう(苦笑)。このダソヌ・マリはダソヌ・マソの妹。ええ~、ダンス・マンのパチモンであるダソヌ・マソ、さらにダソヌ・マソのパチモンがダソヌ・マリ。もう、ここまでいくとオリジナルでは?と言うレベルですね。

ちなみに、このマリがここに来た理由はケロロ小隊に入りたいからというもの。今世間ではお笑いブームでなの波に乗りたいとこのことです。ほお~、ケロロ小隊ってお笑いグループだったんだ?新発見でつね(笑)。

ケロロはマリの申し出を快諾。自分達がお笑いタレントではないことを証明するため、ケロロ小隊の仕事っぷりを間近で見てもらおうと考えたようです。ところが、普通に仕事していてもケロロはどこかが抜けているため、マリはそれを見て大爆笑。ワンパターンなオチだと絶賛します(いや、例えコメディアンでも褒め言葉にならないですが(汗))。最後は、妹をだしにしてダソヌ・マソが登場!ぶっちゃ毛、もう来なくていいですから!(苦笑)ところで、ダソヌ・マリの声優さんずっと男だと思っていましたが女性でしたね・・・。



ケロロ軍曹 セレクション ちょっとだけよ 1/アニメ

0 Comments

Post a comment