(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第10話 「明日の勇者はキミだ!」




魔界戦記ディスガイア 1/アニメ




地球人の魔界への侵略。それを阻止せんと立ち向かう、ラハールと地球勇者ゴードン。一方、ジェニフアーと接触するフロンとエトナは、彼女の口から意外な事実を聞かされるのでした・・・。囚われの身となっていたフロンとエトナが脱出。「前に言ってたアレをガツ~ンですね」、監視の股間を蹴り上げたエトナを見たフロンの言葉。前に言ってたって、一体エトナはフロンに何を吹き込んだのでしょうね?(にやにや)

しつこく追ってくる地球人兵士に、エトナはプニリー隊を召還。それもとてつもない数!!一体彼らはどっから沸いてくるのでしょうね?それとも、これはエトナの召還魔法の一つなんですかね?いつでもどこでもはせ参じる忠実なる僕、一家に一プリニー、あなたも一つどうですか?(笑)。

父、カーターに利用されていたジェニファー。しかし、カーチスの欲望はとどまることを知らずついにはジェニファーを改造しようと企みます。改造と聞いてヨダレだらだらのフロンちゃん。本当にこの子はロボットマニアなのね。おまけに、サイホーグマニアつうかサイボーグ萌え?どんな萌えだよ(苦笑)。

悲しい過去を語り、人々を救えなかったゴードンを責めます。しかし、そこにフロンが説得に現われ「悪魔にも家族がいる、人間さえ助かればいいなんて間違っている」と必死に訴えます。ほう~、ラハールを亡き者にしようとした女の言葉とは思えませんね(苦笑)。改造されたジェニファーを見て期待はずれとか、言いたい放題ですよもう。

ゴードンとジェニフォーの戦いをお弁当を食べながら観戦のラハール達(お、おまえらあ~)。しかも、ピンチになったゴードンを助けに行こうとしたラハールを制止し「第三者が邪魔しちゃダメ」と一言のフロン。も、もうダメだこの子は・・・(汗)。

人間に手を貸していたのは天界。どうやら、カーターは天界の人間にそそのかされたようですが、何か天界のほうでも裏で色々動きがあるようですね。この事実を知ったフロンは天界に戻ることを決意。ところが、ラハールもフロンと共に天界に行くと言い出します。天界侵略が目的のようですが、果たしてそんなに簡単にいくのでょうかね?クライマックスに向けてどうにか盛り上がってきました。この先ラハール達を待ち受けているものとは?次回に期待です。



TVアニメ「魔界戦記ディスガイア」エンディングテーマ: 鎖り/川上彬子

0 Comments

Post a comment