(アニメ感想) 吉永さん家のガーゴイル 第13話 「祭りよければ終わりよし!」




吉永さん家のガーゴイル イントロダクションDVD/アニメ




あっと言う間に最終話。今期はそんなアニメが多いですね。また、面白いアニメほどそう感じる傾向が強いような気がします。そういう意味では今期のアニメは、粒ぞろいだったのかもしれません。そんなわけでこのアニメも最終話。激しく火花を散らす、双葉のパパとママですが果たしてママは何かを喋るのか!?(そっちかおい)注目の最終回です・・・。オシリスを誘拐し、ケルプを暴走させたレイジ。そして、彼の隣にはハミルトンの姿があります。ガーゴイルも探知不可能と言う結界の中にオシリスを閉じ込め不気味に笑う二人。果たして彼らの企みとは・・・。

御色町ではいよいよさくら祭りが始まります。デパートの開店前に商店街の様子を見回る双葉たち。そこに現われたのは神輿として担がれるガーゴイルとその様子を見守るママさん。本当にママさんは祭り好きのようで、とても上機嫌。おまけにそこに百色も現われたものだから、もう大変です(笑)。相変わらず可愛いですね。

さて、御色町のさくら祭りに対抗してデパートでは3割引セールを実施。祭りには祭りを、真っ向勝負で挑んできたデパートに対して御色町もさらなる隠し玉で対抗します。それこそがイヨの開発した、巨大立体映像機。インパクト抜群のこの機械は抜群の集客力を見せ始め、デパートの支配人の表情にも焦りの色が・・・。イヨのパンツが見えないか心配でしたが、この人お婆さんなんですよね?この若さも錬金術の力によるものなのでしょうか?

あっ、アイキャッチにセリフが!もしかして声優さんのアドリブですかね?と、それはさておきレイジとハミルトンの手によって神社の桜の木と同化し、巨大化したオシリス。そこに慌ててかつけたのはママさんと、デパートの前にいたクマの着ぐるみ。そう、和己の頭を撫でていたクマですね。「何だあのクマ?」とはママさんを制止し桜の木に登りだしたクマに放った双葉の一言。もう、ここまで来るとクマの中の人が大体想像付きますが、まあ生温かく見守ってあげましょう(苦笑)。

百色がレイジとハミルトンにさらわれ、ガーゴイルはケルプと対峙、パパとママは桜の木の上と事態は予断を許さない状況となって参りました。この事態にイヨは自らが開発したマインドダイバーを双葉に託し、巨大オシリスの木の心に入り込むように指示。双葉はデュラハンの協力を得て、オシリスと桜の木の心の中へと入り込むのでした・・・。

これは桜の木の記憶なのか・・・小さい頃の双葉、そして若かりし頃のパパとママの姿を目撃することになります。ママは今も昔も変わりませんね。相変わらず無口で、しかしパパの熱い想いをこの桜の木の下で受け止めました。その時に、パパが渡そうとしたリボン。しかし、それは風に飛ばされ桜の木に引っかかってしまいます。いつかこれを二人で取ろうと言う約束。もちろん、二人はこの約束を今でも忘れていなかったのです・・・。

そして双葉は、オシリスとすでに同化しているハナコを見出していました。オシリスと共に何かに縛られているのでそれを解いて欲しいと双葉にハナコが懇願します。その願いを聞き入れ助けようとした双葉が近づいたその時・・・。

最後にママさんに喋らせると言う演出、それも「ありがとう」と言うとびっきりステキな言葉で・・・。ラストにこういうシーンを持ってくるであろうことは想像してましたが、やはり感動的でした。でも、一番おいしいシーンをパパとママが持っていったというのはどうでしょう?主人公である双葉の立場が・・・ついでに今回はガーゴイルもいいとこなしだったですね。対ケルプ戦では近所の犬猫に救われてましたし(汗)。そういえば、美森も最終回が近づくにつれ影が薄くなっていったなあ・・・これは少し残念。

十分に楽しませてもらったアニメでした。ギャグアニメでは重要なキャラの魅力も十分に堪能させてもらい、印象も強く残りました。ただ、時間が足りないせいでしょう、セリフのテンポが異様に早くも、ストーリー展開も駆け足気味で、シーンの余韻を楽しむ暇がなかったのは残念です。

キャラのセリフ同時しゃべりが多かったのも苦肉の策だったのでしょうね、まあこれに関してはこれがこのアニメの味となってましたけど。それでも、手軽に楽しめるギャグアニメとしてはいい出来でありました。スタッフ並びに声優の皆様お疲れ様でした。ところで、このアニメのOPとEDは私のお気に入りです。声優さん達が歌っているのもGOOD!最後に、このアニメの感想記事を読んで下さった、そしてコメントを下さった皆様ありがとうございました。



「吉永さん家のガーゴイル」OP&ED 「オハヨウ」/双葉&梨々&美森

0 Comments

Post a comment