(アニメ感想) ガンパレード・オーケストラ 第2話 「アウトブレイク」

gun05102000
  「ねえ~、愛梨沙?いいでしょう~?」 「乃恵留、で、でもう・・・」



gun05102001
  「もしも~し!見えてるし、聞こえてるし、筒抜けなんですけどぉ~」gun05102002
 「ダメ、愛梨沙もう私・・・」 「私もよ・・・愛梨沙」

gun05102003
  「おまえら~!あっしをさしおいてサカってんじゃないわよ~!!」

学園物にロボット物、そして恋愛要素とかなり内容てんこ盛りですがこれから先これをどうまとめていくのか楽しみなアニメですが、私は主人公の咲良がこれから隊員達と関わっていくことでどう変わっていくのか?そこに注目していきたいと思います。

早朝訓練で、咲良にビシバシと鍛えられる第4中隊の面々たち。しかし、咲良の事を快く思わない乃恵留と愛梨沙はやる気のない態度で続けるも途中で雪合戦で遊びだすなど練習にならない。そんな時、本部の調査団がやってきたため咲良にすぐに戻るようにとの通達が・・・。
先の幻獣との戦いを調査するために本部から訪れた調査団。その中にはかつて咲良の同期だったタマキがいた。久しぶりの再会に浮かれる咲良。しかし、彼女のそんな姿を見て第4中隊の女子はさらに嫉妬の炎を燃え上がらせるのだった。

まあ、咲良としては必死なのでしょうね。自分が能力が高い分人にも多くを求めてしまう、エリートにありがちな失敗ですな。この後、いい男で咲良の同期タマキ君が登場。普段から咲良に対して何かと反発心をむき出しにしていた乃恵留と愛梨沙はこれに猛烈に嫉妬!いやあ~底意地の悪い女はこれだから・・・。何とか咲良を陥れようと調査団の前でわざと咲良の悪い噂を流したり、レポートにあることないこと無茶苦茶書いたりと考えたらなんでここまでやるのか?と思ってしまうのですが、用はただのいじめでしょうな。ただでさえ地方の冴えない中隊の隊長やらされて色々悩んでいるところへこんな意地悪されてると咲良の性格が歪まないか心配になってきました。しかし、乃恵留と愛梨沙よ「大食いで便秘症、服のセンスが悪い、部屋が汚い」ってそりゃないでしょう?そもそも服のセンスがないって中隊長の資質と何か関係あるの?(^_^;)

司令部の調査団が学校を後にしてから一夜明け、この調査団の連絡が途絶えたとの通達が咲良の元にきた。消息を絶ったと思われる北西の山中へと向かう第四中隊。現場には幻獣の攻撃によって見るも無残な姿で墜落している調査団のヘリが・・・。ショックを隠せない隊員達。咲良は彩華の制止を振り切り隊員達に負傷者の救出に向かわせた・・・。

冷静さを保っているように見えてやはり「若さゆえの過ち」なのでしょうか?彩華の冷静な分析を取り合わずに咲良は突っ走ります。タマキ君のことももちろん頭にあったでしょうがそれより何よりも目の前で傷ついている人達を放っておくことは出来なかったのでしょう例え隊員の身を危険にさらしても・・・。この後、炎上したヘリに救出へと向かいます。しかし、火の手が強くなってきていることもあって再度、彩華が止めますがタマキ君を目の前にした咲良はもう必死!そしてついにヘリは炎上爆発!咲良やタマキ君は無事ですが彩華は大怪我をおって失神していたのでした・・・。
この事態に乃恵留と愛梨沙は「あんたのせいよ!!」と咲良を激しく責めます。とまどう咲良・・・さあ早くも大きな衝突が始まりましたね。くすぶっていた炎が激しく燃えたと言うか、もちろん嫉妬もあったのでしょうが。それにしても彩華は意外と隊員の面倒見が良かったのか愛梨沙があんなに泣くところを見ると結構慕われていたのですね。ただの口うるさいおばさんと言う感じで皆から疎まれていたと思っていたのですが・・・。これから先隊員達との溝をどう埋めていくのかちょっと楽しみです。しかし、このアニメ1クールで終わってしまうのですかね?なんかそんな気がするのですが、もしそうなら展開も早いのじゃないかなと。急ぎ足で小島航と咲良をくっつけてしまうのかな?

gun05102004


ガンパレード・オーケストラ 白の章 ~青森ペンギン伝説~(仮称)

0 Comments

Post a comment