(アニメ感想) ケロロ軍曹 第117話 「ケロロ 七夕に願いを! であります / ケロロ 復活!怪傑ドーパミン であります」




ケロロ軍曹 セレクション ちょっとだけよ 1/アニメ




七月七日、七夕・・・街角の笹の葉に願い事を書いた短冊を飾る冬樹と桃華。しかし、桃華は冬樹の書いた願いごとが気になって仕方ありません。ポールの力を借りなんとしてでもそれを手に入れようとします。一方、日向家である異変が・・・7月7日の七夕の日になんとケロロ達が姿を消していたのでした・・・。もっと出番が増えますように・・・あの日向家にとりついている幽霊の願いです。幽霊なのに字が書けたるんだと言う突っ込みはなしです(苦笑)。また一緒に夏美さんとお風呂が入れますように・・・もう誰の願いが分かりますよね(笑)。直球勝負できましたね、もはやお子様向けの番組ではありません。この意味の分かるチビッ子がどれだけいるのか・・・。この願いをサブローのだと勘違いをするギロロにモアから「普通に考えれば小雪さん」と言う突っ込み。モアちゃん、小雪がガチだってことに気づいてたんだね(笑)。

冬樹の願いは、ケロロ達皆といつまでも仲良く暮らせますように・・・と言う優等生的なものでした。この皆の中には桃華も当然含まれますが、彼女はそれで満足していいのでしょうか?冬樹にとってのただ一人の人にならなければ、彼女の願いが成就したとは言えないですよね。まあ、冬樹も今は女の子に興味がなさそうですし、桃華がこれからもやきもきさせられることは多々あるでしょうね。ギロロも夏美の願いが気になっているようです。物語では明かされることはありませんでしたが、乙女の秘密ちょっと気になるではありませんか・・・。

さて、後半のお話し・・・。夏祭りにはまだ早いある日、なぜか盆踊りの練習をするケロロ達。夏祭りにあわせてペコポン侵略音頭を流行らせようと言う計画なのです。そして、ペコポン音頭を流行らせるためにケロロが立てた計画は・・・それは623のラジオを電波ジャックし怪傑ドーパミンを復活させようというものなのでした・・・。

ペコポン侵略音頭、好きでした。あの歌がまた聴けるのか・・・。しかし、夏美の大好きな623のラジオを電波ジャックするなんてまあ、ケロロはつくづく勇者だなあと思いました(苦笑)。

喋るスモモ人形(セリフは3パターン)を使ってのトーク。ギロロのスモモに対する質問は、「お風呂に入るときまずどこから洗いますか?」・・・その場の空気が止まった(笑)。いつもそんな妄想を頭の中でめぐらせているのね(苦笑)。この後、ギロロは変声器をつけられスモモの代わりに喋ります。ケロロにほめられて、頬を赤らめる時の表情がとてもステキでした。そしてさらに、段々とエスカレートしていき乙女になりきったギロロ。その姿を夏美に見られましたが本望でしょう(苦笑)。新たな趣味への目覚め・・・今回はギロロの変態ぶりが目立った回でした。ご愁傷様・・・。



メディアカイト ケロロ軍曹 ケロっとタイピング「2」であります!

0 Comments

Post a comment