Charlotte(シャーロット) 第13話 「これからの記憶」の感想と考察 物語の完結によって見えた麻枝准という作家のモチーフの変化とは・・・

ピッコロイラスト100
投稿者・ピッコロ




アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より
アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。
掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!



↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

<能力者とは何だったのか?>

まずなぜ能力が発現するのか?については作中で明確に説明されています。「75年に一度接近するシャーロット彗星から降り注ぐ未知の粒子を吸った人間(未成年に限る)に発症したものが能力である」でしたね。

この能力には個体差があって、人によって様々ですがどれも不完全であるというのが特徴です。なぜ不完全であるのについては不明。しかし私はその理由について「人の持つ力であるから」という風に解釈しております。

さて登場キャラクターの能力を幾つかあげてみますと主人公の有宇は「略奪」で友利が「不可視」、高城は「瞬間移動」、柚咲は「口寄せ」で熊耳は「特殊能力者発見」であります。これらの能力が何を意味しているのか?を分析する時に重要になってくるのはそれぞれの持つバックボーンですが、これに関しては不明なキャラも何人かいるのでそこが難しいところなんです。

しかし私はこう解釈しています。発現した能力とはその人の持つ性質や願望といったものが強く反映されたものではないかと・・・。有宇であれば彼は「略奪」の能力を悪用し似非優等生生活を送っていたわけですね。結局のところ自分に自信も持てず、誰かに依存することでしか生きられないその性格に相応しい能力と言えるでしょう。

また友利や高城、柚咲も同様にその性格や願望といったものが反映されているように思います。そして特にそれが顕著だったのが最後に登場した能力者「勇気」の能力を持つ少女です。それ事態は特別な能力ではないのですが、まさに彼女の持つ正義感や「強くありたい」という願望が突出したものだと私には映りましたね。

<麻枝さんが続けてきたモチーフは取り戻す物語・・・しかし今回はそこに大きな変化が訪れた!>


私は麻枝さんの作品に多く触れているわけではないのですが、これまで視聴した麻枝さん原作のアニメ作品は「Kanon」「CLANNAD」「AngelBeats!」で、「リトルバスターズ」については途中で視聴を切りましたけど最終回までの展開はおおまかに存じあげております。

さて彼の物語には共通したモチーフがありまして、それは主人公が失った何かを「取り戻す」物語であるということです。もっともこれに関しては賛否両論がございまして、最終的に主人公は失ったものを「全て取り戻す」が、しかしその際に用いられるのが奇跡の力であるという点ですね。

現実の世界を鑑みると、我々はこれまで生きていた過程で多くのものを手に入れてはきましたが、同時に少なくない幾つかの大切なものも失っているはずなのです。それは物であったり、時間であったり、人であったり、様々でありましょう。その人にとって大切であれば大切であるほどに失ったことの後悔は重くのしかかっていくことでしょうね。

ちなみに、私は失った物は二度と取り戻すことは出来ないと考えています。だからこそそれはその人にとってかけがえないものとなる。それでもやはり「取り戻したい」と思ったことはありませんか?

物語とは作り手のこれまでの体験や思いが強く反映されるものだと思います。だからこそそこにリアルティが生まれる。自分の中に全くないもので何かを構築するのはとても難しいことなのです(不可能ではないと思いますが)。これだけ同じモチーフを続けているということは脚本家の麻枝さんももしかすると失った何かを消化できないでいるのかもしれません。

そしてそんな彼が我々に「取り戻す物語」を提供するからこそ多くの人の共感が得られ、物語の最後にはカタルシスを感じられたのかもしれませんね。

さて、私個人は先ほども申し上げたとおり、人は失ったものを取り戻すことは出来ないと考えていますが、ただ代替行為などによって取り戻すことは不可能でも「回復する」ことは可能であると考えています。ですので、物語にリアルティを求めるのであれば「取り戻す物語」ではなく「回復する物語」であるべきだと常に考えていました。

そしてこのシャーロットという作品も途中まではこれまで通り「取り戻す物語」という要素を消化して完結するものだと思われましたが・・・実はそういう結末にはならなかったのです。確かに主人公その能力によって一部(妹など)を取り戻すことには成功しましたが、それは不完全なもので望みの全ては叶えられないという展開になったのです。

これには正直驚きました。そして主人公は自身の身を犠牲にすることで重大な問題の解消に至ったものの、自身は「取り戻す」どころかある意味ではとても大切なものを「失ってしまった」のです。しかし、彼の帰りを恋人という大切な存在が待っていて、彼女はこれからその失ったものを取り戻すことよりも、より未来的な選択として「新しく作ろう」と提案して物語は締めくくられていました。

なるほどこれはこれまで通りの取り戻す物語ではなく、「回復」と「再生」の物語へと変化したのだと私は理解しました。これまでの予定調和的ハッピーエンドで締めくくっていた麻枝さんの作品群とは明らかに違う物語性への変化には正直驚かされました。

しかし回復することで、その人にとっての「再生」というチャンスが生まれるという視点は実に真っ当なもので、感心させられます。失ったことで傷ついた心は回復すべきなんです。そしてその後には必ず再生という実に前向きな機会が訪れる。

それこそが人生の希望であると私は考えています。このテーマを消化した物語性を私は高く評価したいし、きっとこれまでの麻枝さんにもこれまでとは違う何らかの心境の変化が作品に反映されたものだと私は解釈しております。

<サラの存在は何を意味していたのか・・・そしてコードギアスのルルシーシュとの類似点は?>

私はてっきりサラが最終回で記憶を失った有宇の記憶を取り戻すものだと思っていました。しかし彼女は有宇との邂逅以降は一切登場せずいまいち物足りない活躍だったことは否めません。しかしサラの存在が物語っていたのは、これから有宇に起こることの予言であり、その意味においては重要であったと言えます。

おそらく彼女の口ぶりが察するに隼翼のタイムリープかそれに近い能力の持ち主だったのだろうことが想像できます。「ズル」をして両眼の光を失ったから、「やるならうまくやれ」というアドバイスはまさにこれから有宇の未来に起こることを示唆していたように思えます。

サラはその能力を行使したことによって成功を得ました。しかしその代償として両眼を失ったわけです。これは罪と罰であり、そしてそれは有宇の身にも全く同じことが起こりました。片目を失ったことと、最後に記憶を失ったことがまさに罪に対する罰と言えるでしょう。

もっとも、世界中の能力者達の能力を奪う旅に出た時にはすでに「罪と罰」を自覚しており、行為の代償によって何が起こるか分からないが、何が起きてもその覚悟はできているという口ぶりでありましたから、最終的には強い能力を持つ者の責任として偽悪的に行動していたと言えますね。

この一連の行動を見ていると私は「コードギアス」のルルーシュと重なるところがあるのです。この作品も「能力者もの」という色も濃かったのですが、最後は「ゼロレクイエム」を実行したルルーシュが偽悪的に振るまいその罪を一身に背負って死んでいったという結末でありました。

元々、外見や性格もルルーシュと有宇は酷似していると思っていましたが、やはり有宇の最後の行動はそこからヒントを得たのではないでしょうかね?

<最後に批判的な意見も含めた総評を・・・>

うーん、前述した通り私の中ではこの作品は見事にそのテーマを消化した物語の完結については評価しています。

ただ納得出来ない部分は多々あります。例えば、多くのキャラクターが登場したにも関わらず、それらを生かしきれていたか?というとやや疑問符がつきますね。生徒会の高城なんて最後はほぼ出番がなく、柚咲も同様でありました。しかもタイムリープによってもはやここまで辿り着いた過程も以前とは違ってますので、となると有宇との関係性も変わっているわけで、そこもぼかしているのは設定としては破綻しているとしか言い様がない。

後、私がどうしても納得できなかったのは「能力」についてどう捉えるかという解釈についてです。最終的に主人公は「能力」は人を幸福にしないと結論づけたうえで、その能力を奪い続けることを決意しましたが、それも一方的な価値観によるものですよね。

確かに能力を悪用する輩もいるし、これを利用、あるいは研究材料にしようとする輩もいる。しかしながら、この力を必要としてそれによって救われる人々がいるという事実に目を瞑るというのはいかがなものでしょうか?能力者の能力を全てを奪う以外に解決の道を探ることも出来たのではないか?と強く思います。

だって、有宇はその能力によって妹を取り戻すことが出来たのですから・・・。まあ、回復の能力によって目を回復しタイムリープを使って熊耳を取り戻すことをしなかったのは評価します。精一杯好意的に解釈できるのはその部分のみになりますね。

実はまだまだ書き足りない部分はあるのですが、それについてはまた今週水曜日のラジオ放送後にまとめさせて頂きたいと思います。とりあえず今回はここまで、この感想についての是非皆様の率直な意見を聞かせて頂きたいですね。

シャーロット最終回特集~!!考察&批評・・・9月30日(水)22時より一週間のアニメ感想を語るラジオ「ピッコロのらじお♪」を「ねとらじ」にて放送!!>

9月30日(水)22時から放送の「ピッコロのらじお♪」では引き続き夏アニメの感想について語り合います。Charlotte -シャーロット- 、六花の勇者、監獄学園、Classroom☆Crisis、GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり、アルスラーン戦記等

当日は掲示板にて多くのアニメ好きの方達が交流を深めておられます。初めての方もどうか遠慮無くご参加ください。ラジオの聴き方等については放送当日の当ブログのトップページをご覧ください
スポンサーサイト

テーマ : Charlotte(シャーロット)
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Charlotte #13 最終回

『これからの記録』http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-8308.html

Charlotte TokyoMX(9/26)#13終

最終回 第13話 これからの記録 由宇を空港で見送った隼翼。 シンガポールに入国、フィリピンに移動して 能力者のリストを購入。 リーダーを探して能力者探知能力を持つものを探す。その能力で南アフリカでも能力を奪う。自動翻訳の能力を手に入れる。眠らなくても行動できる能力、能力を教える能力も。キャリアとは能力発動予定者のこと。ウイルスを促進させる能力でキャリアの能力を 発動させて奪う。ペルーでは治...

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

毎週水曜日22時と金曜日21時半より「ねとらじ」にてアニメ感想ラジオ
「ピッコロのらじお♪」を放送中~!
アニメ好き男女による濃厚なアニメ語りが聴きたい方は是非聴いて下さい。掲示板で語りに参加できます!!
ねとらじHP
http://ladio.net/

☆水曜日課題アニメ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期、響け!ユーフォニアム2、魔法少女育成計画、ユーリ!!! on ICE等
☆金曜日課題アニメ
3月のライオン、ドリフターズ、うどんの国の金色毛鞠、船を編む、ジョジョの奇妙な冒険等
各レビュア・プロフィール
ピッコロイラスト100
Author:ピッコロ
このブログの総責任者。ネットラジオのDJ。最近はBLゲームにもはまりニコ生で配信中~。永遠の18歳。


Author:フォルテ
主に朝夕アニメの感想を担当。ラジオでの役職は「切り込み隊長」。そして永遠のショタ。

☆各イラストはARIKAさんに描いて頂きましたありがとうございます!
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページアクセスランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR