(アニメ感想) ストロベリー・パニック 第14話 「親友以上」




Webラジオ『愛&麻衣の電撃G’sラジオ ストロベリー・パニック! ~お姉様といちごそうどう~』CDラジオ/ラジオCD (中原麻衣、清水愛)




光莉と夜々の間に生じた大きな溝。あの時以来、まともに口を聞くこともなくなった二人。そんな彼女達を見かねた渚砂は、何とか仲直りをさせようと思案します。一方、玉青をある秘密の場所へと連れてきた夜々。ここは、親友とのある想い出の場所であることを夜々は話し始めるのでした・・・。光莉がショックを受けるのも当然でしょう。今まで、全てを話せる親友だと夜々のことを信頼していたのです。ところが、いきなりのキスさらには強引な体へのタッチ。夜々も要の言葉に触発されたとは言え、あまりにも事を急ぎすぎました。やはり、順序を間違えてはならないと言う教訓がここにあるのです。

お隣の紀子と千早もまた早百合夫婦でした(笑)。何でも二人は、年に一度は夫婦喧嘩をおっぱじめるそうです。アレ?そういえば、玉青の渚砂が来る前のルームメイトって一体誰だったのでしょう?彼女は渚砂がここに転校する前、誰に萌え、何に情熱を燃やしていたのでしょうか?大きな謎の一つです。

ところで、いまさらながら気付いたのですが(汗)、夜々と光莉って渚砂の後輩だったんですね。この子があまりにも頼りないからずっと同級生だと思ってました(苦笑)。それはともかく、渚砂意外の女にはあまり興味を示さない風の玉青が妙に夜々に関ってくるなあと思っていたら、実は二人は似たもの同士だったんですよね。玉青自身、夜々に共感すべき点は多いでしょう。

夜々の心情は理解出来ます。それこそ彼女は初めて出会った時からずっと彼女のことが好きだったのです。それが突然現われた天音によって光莉の気持ちは奪われてしまいます。日増しに募る想い・・・やがて天音と光莉は接触し互いの距離を一気に縮めようとしています。

親友としての結びつきはあっても、所詮はそれまでの関係。決して侵されたくない光莉の心の大切な部分に天音は入り込もうとしているのを夜々は口をくわえて待つしかないのです、たまらないでしょう。でも、やはりあの行為は光莉にとって裏切りにも等しい行為でした。今回仲直りをしたものの、これは今後もしこりを残すことになるかもしれません。ところで、皆様覚えているでしょうか?蕾と言うもっと哀れな子がいることに・・・(涙)。



ストロベリー・パニック II [通常版]/アニメ

0 Comments

Post a comment