(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第12話 「愛・・・戦いの果てに」




魔界戦記ディスガイア 1/アニメ




天界へとやってきたラハール一行。しかし、そこで待っていたのは手荒い歓迎。ブルカノが現われ、なんと悪魔を召還したのです。天使が悪魔と契約する・・・その事実に衝撃を受けるフロンですが、ラハールは悪魔を難なく倒しブルカノを退散させます。そして一行はさらに奥、神殿の中心部を目指し歩くのでした・・・。私はてっきり大天使が黒幕だとばかり思っていました。フロンや魔界の事を気遣い静かに語る彼がいつ豹変するものかとドキドキして見ていたのですが、結局彼は真の天使だったのです。ここで全てを知りながらも見守っていた大天使は言います。自ら手を下そうとはせずに、人や悪魔、天界が愛によって統一されるのをずっと待っていたのです。

フロンは自分の役目を立派に果たしました。しかし、天使兵を傷つけたことに関しての罪は償わなければならない・・・大天使は言います。その言葉をフロンは素直に受け入れ、さらにラハール達の罪は不問にして欲しいと懇願します。フロンの申し出を了承し、やがて手をかざす大天使。そして・・・。

ラハールのあの行動は少し唐突に思えましたが、結局フロンの愛に染まってしまったってことでOKですかね?ラハールが選んだのは愛の中でも最上級に位置する犠牲愛。究極の愛でもってフロンの愛に応えたのです。まあ、結末としてはキレイに収まったのではないでしょうか?

やり込みゲームをアニメ化と言うのは少し無理があるように思えましたが、キャラクターが個性的を売りにそれなりに楽しめる内容であったと思います。ただ、残念ながら伏線を回収出来てないところも(中ボスの正体、まあバレバレですが)あって消化不良の感も・・・。ああ、良く考えたらエトナと魔王の関係とか、サルディアとその仲間達とか放置しまくりですね(苦笑)。

まあ、後半の盛り上がり方は良かったですし、最後までフロンが可愛かったので個人的には満足でした。取りあえずスタッフの皆様お疲れ様でした。そして、このアニメの感想記事を読んで下さった方、トラックバック、コメントを下さった方ありがとうございました。



TVアニメ「魔界戦記ディスガイア」エンディングテーマ: 鎖り/川上彬子

0 Comments

Post a comment