(アニメ感想) ARIA The NATURAL 第14話 「その いちばん新しい想い出に…」




ARIA The NATURAL Navigation.1/アニメ




清々しい天候にいつもより早く目覚めた灯里。何となく、外に出たい気分になって社長と共にゴンドラでお散歩。途中、水路の端にあるゴンドラを繋ぐ為のパリーナの存在に気付きます。色のついた物は特定の家や会社を示す看板のような役割をしている彩色パリーナ。散歩から帰ってきた灯里は「どうしてARIAカンパニー」には彩色パリーナがないのかとたずねますが、アリシアは「入社した時からこうだから不思議に思わなかった」と答え、「灯里ちゃんに作ってもらおうかしら」と言います。ARIAカンパニーの彩色パリーナを作る・・・突然大役を任されることになったこの事態に戸惑いながらも、「感じるままに作ればいい・・・」と言うアリシアさんの言葉に感銘を受けた灯里は早速彩色パリーナ作りに取り掛かるのでした・・・。灯里の気まぐれに付き合わされる社長が可愛そうです。「付き合って頂いてありがとうございます」って灯里さまーはおっしゃってますが、強制のクセに白々しい言い回しです(汗)。灯里と社長はセットなのです、そう決まっているのですよ。ところで、なぜいまさらタイタニック?後ろから灯里を抱きしめる存在がいないのが悲しいところ。えっ?社長?正気ですか、彼では尺が足りません。せいぜい肩車がいいとこでしょう(苦笑)。

さて、秘密のデートを終えてARIAカンパニーに戻ってきた灯里。「社長お疲れ様でした~」と声をかけますが、社長は何も疲れているようなことしてないですね(苦笑)。まあ、それはともかく何だかんだとアリシアさんにおだてられて彩色パリーナ作りに挑戦することになった灯里。いやあ、本当にアリシアさんは人を上手に使います(笑)。彼女が奥さんならばきっと上手く旦那さんをおだてて出世へと導いてくれることでしょう。つうか、側にいて微笑んでくれるだけでも十分ですけどね。きっとね何しても「アアラアラ、まあまあ」で許してくれるんだろうな。

ところで、彩色パリーナですがARIAカンパニーの社長であるアリア社長に任せると言うのが私はいいと思いますね。灯里が思案している間も何やら画用紙に必死に書いているようだし、社長を無視すると言うのはあまりにもね(苦笑)。

さて、彩色パリーナの何かいいアイデアはないものかと倉庫を物色中、あるアルバムを発見した灯里。そこにある写真を見た時私は愕然としました。若かりし頃のグランマ(歳の頃は今のアリシアさんぐらいでしょうか?)、そこに社長の姿も写っていたのです!!「社長若~い!」ってどこがよ!全然変わってねえ~!!と言うかアリア社長何歳よ?少なくとも30年以上は生きているでしょう?この星の猫は長命でしたか・・・。こうなると、我々の社長に対する評価も改めさせて頂く必要がありますね(苦笑)。

ARIAカンパニーの初期のメンバーの一人がかつて彩色パリーナを考えていたことを、グランマから聞かされる灯里。しかし、この彩色パリーナは完成を見ることはなかったのです。色を決めることが出来なかった、それが理由でした。「このデザインを書いた先輩はどんな人でしたか?」社長にたずねる灯里。手振り身振りで必死になって彼女の人となりを表現する社長ですが、正直さっぱり・・・(苦笑)。あのぉ、灯里さん社長に聞くこと事態が無謀でしたね、学習してくださいよ(笑)。

さて、試行錯誤の末どうにかデザインは完成しました。アリシアさんも気に入ってくれたようです。「がんばりましょうね!」と社長に話す灯里。も、もしかしてあの愛くるしい社長をこき使うつもりですか?(笑)早速、素材となる丸太が届けられ作業を開始する灯里と、キャプテン社長。途中、ツンデレとデッカイ人が冷やかしにきますがめげません、何せ側にはキャプテンがついているのですから(笑)。そして、パリーナは完成します・・・。

デザインのセンスについては私には良く分かりません。アリシアさんがステキだと褒め灯里が満足したのならそれでいいのではないでしょうか?いただけないのは灯里とアリシアさんの会話。「一人でよくがんばったわね~」(いや社長のこと忘れてませんか?(汗)。「一人じゃないですよ」(ほっ、さすが灯里は分かってるね~)「あのデザインを書いてくれた先輩がずっと隣にいてくれた気がしたんです」(へっ?ガーン!!)。ああ、そうですか、社長は無視ですか。キャプテンキャップもスルーですか(笑)、はいはい。

人は変わり続ける存在・・・。しかし、かつて確かに存在し、何年何十年経とうとも変わらず受け継がれるものがある・・・。灯里の成し遂げた仕事はそういうものなのです。「ずっとずっと先、この彩色パリーナに会いにくると今日の私達三人に会える」、こんな発見に大喜びするアリシアさんと灯里は本当に幸せだと思いました(決して嫌味ではなくて)。ステキをステキだと感じ、それを言葉で表現出来るそれ事態がステキなことなのです。でも、アリシアさんも灯里もずっとそのままの彼女達でいるのではないでしょうか?いつまでも変わらないこと・・・それもまたステキなのです。



アニメ「ARIA The NATURAL」エンディングテーマ: 夏待ち/ROUND TABLE feat.Nino

0 Comments

Post a comment