(アニメ感想) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話 「相棒」


投稿者・フォルテ




☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より
アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。
掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!!



↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

今回はクーデリアからの依頼が完了したので彼らのある意味で将来を決める回でしたが

やっぱ今回の肝はオルガとビスケットの関係性ですね、いままではオルガがどんな破天荒な考えを考えてもビスケットはそれを肯定しフォローしてくれたいたのですが、先の回にて登場した兄さんの顛末からはじめてビスケットが否定してきたところなのですが身内に不幸があってしかもあの遺書じゃしょうがないですね

確かに彼のいうように今まで運が良かっただけってところもあったでしょうがおやっさんに諭され今回も肯定となりましたが、

オルガという男はどこまで行っても野心家でリスクを省みないところが多く、対してビスケットはどちらかと言えば保守的なイメージでしたがこの二人がいままではフォローしあうだけだったのでこういう激突は小気味いい演出でした。お互い喧嘩してお互いの大事さを確認したような


それからガリガリはどこぞのSEEDでいうブルーコスモスみたいな思考ですが仲間思いの不器用でデリカシーナイけどいいやつな感じですが死なないでほしいな



    「
~~~蛇の足~~~~
   」


地球に降りてからの彼らのリアクションはVでの宇宙育ちがとったリアクションをマイルドにした感じでした。やはりどこかなぞってるようなしかもそれを美味くアレンジして

0 Comments

Post a comment