(アニメ感想) 機神咆吼 デモンベイン 第7話 「BIG“C"」




アル・アジフ 斬魔大聖デモンベイン【マックスファクトリー】




ついに発動した「C計画」、そしてその姿を見せた巨大な黒い物体。そこから、射出された無数のロボは街で破壊の限りを尽くします。九朗は破壊ロボ達と戦うため、デモンベインを召還しますがその時さらなる恐怖が、ここアーカムシティに降臨するのでした・・・。ブラックロッジも一枚岩ではないと言うことでしょうか?アウグステゥスが見せた造反の意、他のメンバーもこれに同調するとしたらさすがにマスター・テリオンもヤバいでしょう。ただ、ティトゥスなんかはかなりマシな男なので、案外マスター・テリオンがいなくなってくれたほうがこの街も平和に近づくかもしれません。

反則的なほど巨大なその存在・・・「深きものども」の支配者、邪神クトゥルーの登場です。しかし、この巨大な敵を前にエンネアの死を引きずっているのか、迷いを見せる九朗。そんな九朗を鼓舞し、そして優しく諭すアル。前回から少しずつアルが九朗に惹かれていく様子が描かれていましたが、いよいよその想いを素直に表現できるところまで至ったわけですね。まあ、この緊急の事態がそうさせたのかもしれませんが、キスし「苦痛も悲しみも後悔も我ら二人で分かち合おう」と言うセリフは彼女のせいいっぱいの告白でしょう。

戦う意志を取り戻した九朗。しかし、彼の目の前では驚くべき光景が繰り広げられることになります。なんと、アンチクロスの連中達がマスター・テリオンに反旗を翻したのです。いや、自分の欲望のためにクトゥルーを復活させたマスター・テリオンの方が裏切り者と言うべきでしょうか?幾ら不意打ちとは言え、意外にもあっさりとアンチクロスに倒された彼ですが、以前九朗に見せたあの強さは絶大なものであったはず・・・何か企みでもあるのでしょうか・・・。

なんか、唐突な展開の連続でとってつけたようなシーンが多いのは気のせいでしょうか?物語の進行にこちらの感情がついていけないと言うか、バタバタしていて何が起こっているのかも把握しずらいのがつらいですね。あの冷酷で冷静なマスター・テリオンが情けなくやられたのには心より失望しましたよ(汗)。やはり、原作をプレイしていると言うが大前提のアニメであるような気がします。そこは少し残念ですね。次回はアルを失った九朗がどうでるのか?愛の力により奇跡は起きるのか?期待しましょう



機神咆吼デモンベイン (1)

0 Comments

Post a comment