(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第3話 「トリプル・トラブル」

前回視聴終了と同時に「面白い!」と思わず叫んでしまいました。タズサのキャラがたちてまくって見ててとても面白いです。100万ドルの美人であるはずなのにピートに意地悪している時は思いっきり顔を崩しまくっているところも最高に笑えます。いやあ、何気の土曜日のこの時間帯が楽しみになってきました。さあ、今回も我々を腹の底から笑わせてくれるのでしょうか?



ginban05102200
 性悪女ショット四連発!



ginban05102201
 パチパチginban05102202
 ハイハイ

ginban05102203
 うーん、キレイだねえ~

相変わらず練習中に独り言を話すタズサ(ホントはとりついたピートと話しているだけですけど)。HNK杯が近づいているためだと心配するコーチですがタズサはそれに加え期末試験の心配までしなくてならずイライラしてピートに八つ当たり。ところが、カナダ人でありながら流暢に日本語を話し意外と頭も切れることに目をつけたタズサは期末試験をピートに手伝わせることにします。性悪女の悪巧みキタ~!おかげで試験はバッチリ。しかし、本音ではHNK杯のことが気になって落ち着かない様子。とは言うものの期末試験の成果上々。相変わらず学校でも独り言で友達に「哀れな目」でみられてますけどね(^_^;。

さて肝心のHNK杯の方はタズサの滑走順がライバル至藤の後と決まり大きな衝撃を受けます。そして試合当日。会場前で「意地悪」な記者たちに囲まれる「意地悪」なタズサちゃん。まあ、記者と話している時の彼女のキツイ目と言ったらもう・・・笑えます。でも実際にこういうスポーツ選手しますよね?そして本番、タズサいきます!が最初は調子がいいものの、ジャンプをまたもや失敗してしまうタズサ。控え室で悔しさに涙を流しそうになりますが、ピートに励まされまた立ち上がっていくのでした・・・。

ええ、今回はやっとフィギュアの試合シーンが見られましたね。そのせいかギャグも控えめだった気がします。普段は強がっているタズサですけど普通の女の子と同じように悩み傷つくんだと言うことも分りました(まあ当り前のことですが)。彼女の素直じゃない性格って両親がいないことと何か関係があるような気がしますが、これから先ピートが精神的な支えになっていきそうですね。ピートはタズサにとって恋人や友達と言うよりも兄のような存在でしょうか?来週はもっと笑わせて欲しいかな?次回も楽しみです

ginban05102204


銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all?

0 Comments

Post a comment