ゲームについて疾走するフォルテ 「ロックマンXシリーズ」その5

引き続きXシリーズレビューです。ハードも引き続きプレイステーションより発売された本来は最終作になる予定だった作品なんですが前作と打って変わって低予算で作られた作品です。

5作目の「ロックマンX5」!

ハードはプレイステーション

※点数は評価企画の基準と同じ1~5です。


(ゲーム性)3



エックスとゼロを任意に切り返して選ぶことができるようになりましたがライフアップやパーツはその時とったキャラにしか反映されず最初に選んだキャラで使える装備使えなくなる装備もあるため切り替えるメリットがあまり見受けられません、また8ボスステージにはストーリー上の問題で出撃すると残り時間が消費されこれが少なくなるとボスが強くなるなどもうちょいひねれば面白くなる要素もありましたがあまり活きてない印象

アーマーは今作は最大4種類と増えましたが今までのように部分的に強化されるのではなく全部集めて初めてアーマーになるのでエックスで遊ぶときはエックスを最初に選択することをお勧めします。ただ最終作にしようと思っただけに新型アーマーは2種とも破格の性能でファルコンアーマーは火力こそ低めであるものの時間制限付きとはいえフリームーブ(空を自由に飛べるしかも長め!)付きでガイアアーマーは射程こそ短いですが短時間でフルチャージショットが打てたりとげトラップを無効化する装甲を持ち機動性が下がっても使う人が使えば化ける優れものです。

ゼロは前作だと弱点武器をつけなかったり機動力強化がラーニング枠でしたがエアダッシュは最初から習得済みであるボスを倒せばダブルジャンプとラーニング技を習得したりバランスがよくなっていますがゼロの持ち味キャンセルコンボがあるボス倒した後できなくなるなどあるんですが後で述べる方法で習得せずラスボスステージまで行く事も可能。

ストーリー上地球にコロニー落ちてくる危機にレーザー兵器で迎撃する方法と失敗した際の最終手段主導でシャトルでコロニーに激突というプランがあるのですがこの作戦の成功か失敗でルート分岐するんですが・・・問題なのがOPステージからレーザーいきなり作戦発動できて兵器を打つ選択して成功すればOK!失敗してもシャトル打ち込み成功すればOK!そう確立の問題なので8ボスに挑まずともラスボスステージに乗り込めるようにできているのです!(両方失敗したルートでもラスボスステージまで行けます)正直これはいくら何でもはしょりが過ぎるのではないかと思います。これを利用して8ボスの一部を倒さずラスボスステージまで行く事ももちろん可能なので利用する方法もありますが色々ぶっ壊してる気がしてなりません


あとエイリアの強制的に入ってくる通信はテンポ悪くするしかない要素です




(グラフィック)3

前作からのグラフィックの使いまわしも多く(主人公、特殊武器のモーション、敵キャラなども)目新しいものもあるけどそこまでじゃない印象ですが何より劣化したのがストーリーパートは前作だとフルアニメーションでしたが今回はボイスすらない紙芝居で肩透かしです。


(キャラクター)4

今回から主人公二人以外に味方の名のあるイレギュラーハンターサイドのキャラが増えたり後のレギュラーメンバーが出てきますが今回は基本エックス、ゼロ、シグマの3人に話が集約するので今回は顔見世程度ですがまーこれで十分だろう


(ストーリー)4

今回はマルチエンディングで3種類エンディングが存在しコロニー破壊成功状態でエックス、ゼロでクリアで2種、そしてコロニー破壊に失敗しゼロが作られた意味の本来の姿に覚醒したルートでエンディングを迎えた場合1種、正直最後にするつもりなんだったからなんでしょうがどれも哀愁ややるせなさがありハッピーエンドではありません、コロニー衝突の危機にゼロの出生やぶつかり合う定めの二人など盛り上がるんですが一応エックスが主人公である以上やるせなさとかは毎回なんですがこれで終わっときゃいいのにまだまだ続いてしまいました

(総合)2

今回は劣化と鬱展開、問題のあるゲーム性など難点が多くシリーズ最後の予定だった作品で評価を一気に落としてきました。


     「
~~~蛇の足~~~~
   」

地味にエックスの声変わってます。所説ありますが今回で3回目の声変わりかな?

一応ロックマン世界の時系列はロックマン→100年くらいだったかな?でXになりXの100年後くらいにゼロになりゼロから100年くらいでZXだったと思います。さらにXから1000年後くらいがダッシュ

0 Comments

Post a comment