ゲームについて疾走するフォルテ 「ロックマンXシリーズ」おまけ

今回は本編終わってそれだけじゃ芸がないのでおまけにXシリーズ唯一のロールプレイングの「ロックマンXコマンドミッション」!

ハードはプレイステーション2とゲームキューブ


※点数は評価企画の基準と同じ1~5です。


(ゲーム性)3


まずRPGとしての完成度は高いほうだとは思います。ですが色々問題もあります個人的に一番ひどいと思ったのはせっかくの完成度いい作品なのにマップ移動の際歩くか走るかダッシュ選べるんですが、移動速度が高くなるほどエンカウント率が異常なほど高くなり酷いときはダッシュした瞬間エンカウントしてしまい普通に歩っても高めなのに攻略の妨げになっていましたた。

さらに回復方法がほかのRPGよりも限定的でシビアで雑魚敵も結構強めなのでそこはもうちょいどうにかならなかったのかと

良かったところとしてはキャラの強化アイテムフォースメタルが面白くいろいろな効果や組み合わせあるのですが、つけすぎたり強力なものには副作用がありエグゼのナビカスの簡易版のような印象を受けました。

あとターン制限ありの強化形態がみんな存在しそれをうまく使うのが攻略のカギになってるのも面白い

パーティメンバーはメイン3人のほかにこの作品にのみ登場するオリジナルキャラがいるのですが、性能の調整はお世辞にも良いとは言えません一部とびぬけたキャラがいて微妙なやつもいたり永久離脱キャラもいます。

本編クリア後の隠し要素のやりこみも面白くファンサービスのきいた要素もあるので一興か?




(グラフィック)4

ストーリーに比重おけるせいかムービーも多く見せ場が多かった


(キャラクター)2

ぶっちゃげ特にこの二人本編と性格が違いすぎます!エックスは悩むことなく頼れるリーダーで(悪くないけどエックスらしくない)ゼロは一緒に派遣されたこの島出身のハンターに裏切られたせいで島の住人に心閉ざして差別的言動したりメンタルに動揺がかなり見られたりいつも以上に協調性がなく改悪としか言いようがないくらいのあり様です。逆にアクセルは安定してるどころか落ち着いてました。

んで今回オリジナルのキャラたちは賞金稼ぎのスパイダーにパワーファイターなマッシモ、女泥棒にしてこのゲームのバランスブレーカーマリノ、ヒーラー兼アタッカーのシナモンなど魅力的なキャラもいるんですが終盤はムービーでも出番無くなっていき扱いもさばき切れてるとはいいがたいかな




(ストーリー)3

まずXの時系列が21XX年なのに今回は22XX年と矛盾してることが一つ好意的に見ればXの時代で時間が経過した結果とも取れますがどうなのか?

とりあえず隕石落ちた島でその隕石がレプリロイドの力高める作用あることで栄えたが一部の連中がリベリオンと名乗りイレギュラーと断定されたのでエックスとゼロが派遣されるとこから物語が始まるのですが・・・上でも書いたようにエックスとゼロの性格が違いすぎるし、エンカウントが多くて錯覚しがちですがボーリュームも少なく物語のスケールは壮大なんだけど尺とキャラがあってない印象を大いに受けます




(総合)3

新しい試みとしては一応の成功はしたんでしょうが個人的には不満点のが多い気がします。


     「
~~~蛇の足~~~~
   」

隠し要素のゼロの強化フォームのデザインが彼の兄弟機と目される存在のある姿に酷似してるトコは個人的に気に入ってます。立体化しないかな?

0 Comments

Post a comment