まとめ感想 フォルテ編

dj f maru
投稿者・フォルテ

ゴールデンカムイ第三期☆


アイヌは文字使わないってそういわれたら昔学んだのを思い出しました。釧路とししゃもと土方歳三、なんかいろいろ懐かしいです。よく考えたら3期で初の土方サイドのお話ですねー過去に人斬りしてその時の後悔とかそういうので老いていった老人と思想を曲げず歩みを止めない土方と同じような道を歩んだものでも違う結論に達する対比になったお話でした。土方の年季重ねつつ歩みを止めないから思想も若いころからぶれないってのもカッコいいですね、ただそれは今回の人斬りの人のように理想のために戦ってもたどり着けず諦めて歩みを止めること選ぶ人のが多い中でのブレない心があるからで、そうじゃない選択したおじいさんも人間らしくて印象的でした。


魔女の旅々☆


切り裂き魔とか闇オークションとかロンドンのようですけども切り裂かれるのは命は命でも女性の髪の毛でイレイナも切られちゃいました(最後戻ったけど)襲った女性の髪の毛を素材に人形を無償でばらまき、一方で闇オークションで稼いでも寄付したりで喜ぶ顔が見たいと言いつつ人間の喜怒哀楽色んな表情が見たい感じのサイコ入った魔女の人形師でしたが相手が悪くお縄になってもこれムショなりなんなりから出さないほうがいいんじゃないかあ?と、それからサヤの先生と今回意図せず組む形になりましたがショートヘアの時のイレイナの髪形サヤに似てたのは偶然かはたまた?


ダイの大冒険 ☆

偽勇者とクロコダイン再び!クロコダインはダイの成長と脅威を認識してるからこそと後がないせいで誇りを捨て、魔法の筒でじいちゃんを悪落ちさせて手ごまにする戦法で挑んできました。やはり育ての親を手にかけることができず苦戦を強いられ、その上クロコダイン最大の必殺がはなたれましたがここで勝ち誇ったクロコダインで引きとなりましたが・・・アバンの使徒の中でホップは覚悟がまだできてない一般人よりのメンタルでマァムにもダイを見捨てるのかと怒りを向けられましたけどもパーティとしては全員覚悟ができちゃってる人ばかりだとバラツキというか個性が薄くなるので今見るとこういう臆病枠というのは結構重要と思えます。



ひぐらしのなく頃に ☆


はい今週のバッドエンドはケイイチ案外少ないダメージで迎えるもだれを信じたらいいのかケイイチと視聴者もわからなくなる作りで、信用できない語り手が多い作品といえます。んで地下に監禁されたりミオンが家族やリカやサトコを殺した感じで何を本当に信じたらいいんでしょうねー(すっとぼけ)



無能なナナ☆


さすがにナナがかかわったやつばかり死ぬので疑いが強くなりキョウヤも監視強めました。んでコンタクトの保存液に目を付け飲んでみました!(ブチャラティみたいなことを)ギャルって今時言わないし連呼するのが笑えます。ただコミカルに見えて追い詰められるナナ!動機はともかく疑念はすでに確信に変わっているんだぜ!と聞こえそうな感じです。どう切り返すか?もしくはチェックメイトか?いい引きですねー



半妖の夜叉姫 ☆


リクはジュウベエさんの上の存在で夜叉姫たちにとって敵になる存在になる可能性がデカいようです。んでヨツメは丁度タイムリーな相手を眠らせて夢を操る類の能力でしたが、セツナは眠れないので丁度天敵のようです。んで眠らされた連中は自分の夢じゃなく別のやつの夢を見ることになったのですが・・・犬夜叉とかごめは下手をしたら死んでしまったか封印でもされたか・・・んでミロクがジュウベエさんとこにモロハを預けたっぽい事など判明しましたが断片的でまだ確信ではありません。んでシキョウとの闘いは三人中二人が妖気奪われてセツナ一人で戦うことになったんですが・・・トワにはなんか受けたダメージで妖力吸収できるけど耐えきれないと死ぬとかいうどこかの零地点突破の出来損ないみたいな能力ですがダメージ食らっても攻撃しても使えるんだね、んでリクが高みの見物でソウリュウハと殺生丸の劇場版の技名出てきたということはTV版の世界観なのかも

ただ全体的に尺の問題なのか登場人物多いわりに接点少なかったり端折ってる感じというかなんとなく理解できるけどぶつ切りに見えるのが難点かな?あと犬夜叉本編でも犬夜叉も殺生丸も大妖怪の父親持っていても技とかそういうのは遺伝ではなく自分たちで経験やら成長で使えるようになったわけで今回は遺伝で親の技使えるのはテイスト変わったかなーとは感じますね。




デジモンアドベンチャー ☆

デジタルワールドからのサイバー攻撃で現実では戦争起きそうになるのが今風で、悪意あるデジモンが人間世界の混乱や悪意や負の感情をあおってる気がします。それから海に着陸させるとかゴーグルかけなおしたりなんとなくVテイマー01の太一のゴーグルの入手経路と逸話思い出します。マメモン種いっぱい出ましたがメタルマメモンはまだ出ませんでしたね、まだもったいぶってるのか?ムゲンドラモンにもうならないのか?気になります。あと現実サイドのコウシロウの思いついた攻略法とは?

ps Vテイマー01の太一のゴーグルは、太一の祖父の勇敢でパイロットをやっていた親友の形見を祖父から、勇気を忘れぬ人間になるように託された物で旧TV版や今回も同じような入手経路とはわかりませんがパラレルワールドの1つではこういう経緯があったりしました。


遊☆戯☆王SEVENS


挫折からの再起の前にデュエルの博物館!レジェンドなモンスターの模型にこの世界でのソリッドヴィジョン作られるまでの経緯の解説がありましたが・・・やっぱ海馬は天才なんて簡単な言葉で片づけられないレベルの頭脳だったんですね、この世界の初期型ディスクも興味深い!そんな中ネイルが普通に登場!ゴーハ社破壊しつつ再びマキシマム!んでユウガはデュエル中にプログラム書き込むことで仲間のIDカードにマキシマムのカードを上書き!みんなのアカウントを捨ててでもユウガに力を与えてくれるシーンでした。IDカードってプリチケみたいだね、ここにきて仲間3人だけでなくカイゾーの意思もそろってついに完成したユウガの、いやユウガたちのマキシマムが召喚されたところで引きなのですがまだ2クールちょいのはずなのにまるで最終回とかそのへんの切り札出てくるような熱さと王道な仲間の力を借りた演出に心が躍りました。にしてもデザインは勇者系かスパロボオリジナルっぽい合体ロボでしたー!

セブンスはラッシュデュエルに移行したことと、子供向けということで今間で見ていたOCGユーザーが見ていない人も少なくないとの話、聞き及んでおりますがシナリオはぶっ飛んでたりは遊戯王らしいですし脇役の扱い(カード化すること含めて)やお話の作りも王道をしっかり丁寧に作っており今まで年齢のわりに頭もよく落ち着いていたユウガに挫折を持ってきて周りに支えられてデュエルの王になるべく再起したり見ていて安定して面白いとはっきり感じれるので過去2作品がアレだったのでそれもあるかもしれませんがかなり楽しんでおります。

ps さりげなくジャックのDホイールあったよね?

0 Comments

Post a comment