(アニメ感想) 無敵看板娘 第2話 「挑戦者 その名は西川勘九郎 / 我が戦いに終点なし」

無敵看板娘 17 (17)




最近妙な視線を感じると言う美輝。そして、出前の途中に乱入した少年野球の試合で美輝はある男と出会います。名は、西山勘九郎。彼は元々この町出身の大学生で、暫くここを離れていましたが、美輝に復讐を果たすため戻ってきたのだと言います。そして、これより勘九朗の復讐劇が始まるのでした・・・。かつて、凶暴娘の餌食となった男勘九朗。腕があらぬ方向に曲がっていると言うのに暫く何も感じないと言う超人的な鈍感ぶりを見せてくれました。語尾ににゃ~がつきます。しかし、全然可愛くありません(苦笑)。ちなみに、2度目の野球対決では右手まで美輝に折られてしまいました。これこそ、まさに骨折り損のくたびれもうけですね(笑)。

新キャラなのに見せ場なし・・・勘九朗の挑戦は続きます。ついでにめぐみも美輝を狙っているようですが、こちらは軽くあしらわれてます。ただ、めぐみの奴ホンキで美輝を殺すつもりだにゃ~。串投げが外れて本当に悔しそうですもの(汗)。

美輝の弱点を探すためにストーキングを続ける勘九朗。そして、苦労のかいあってついに美輝の弱点を見つけます。それは・・・電車!!どんなものでも避けずに破壊し続けた美輝が唯一避けたものそれが電車・・・と言うのが理由だそうです。まあ、誰でも電車にひかれれば死にますけどね。そこで、電車に匹敵するだけのタックルさえ身につければ彼女に勝てると勘九朗は考えたのです。大学まで行かせて貰ってこの体たらくですか・・・

本物に近づくためにはそのものになりきることが重要。「間もなく電車が通過します。黄色いの内側までお下がりください・・・ガタンゴトンガタンゴトン」・・・いや、ガタンゴトンはいいにしても車掌のアナウンスはいらないんじゃないかな?(笑)車掌さんに近づいてどうするのでしょう?勘九朗の技に対して美輝は「間もなく18時6分発、のぞみ3号新大阪行きドアが閉まります」と新幹線のぞみで対抗!!電車と新幹線のガチンコ対決!!その決着やいかに!?・・・なんか頭が痛くなってきました(苦笑)。

今回のオチも母ちゃんは強しってことで(笑)。「恐竜も絶滅そうな衝撃でしたわね?」めぐみの一言です。なるほど、メテオですか?芸が細かい。でも、今回の電車コントは傑作でした(ちょっと違うか(苦笑))。勘九朗の電車攻撃にすかさず新幹線攻撃で返すと言う大胆業。意表を突いた展開に大笑いしてしまいました。このアニメ、やはり侮れない・・・。


<お知らせ>8月5日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送されます。例のごとく、ゲストとして出させて頂く予定でございます。

今回の特集は「2006年アニメ最萌トーナメント」特集です。このラジオが放送される頃には予選が終わり本戦が始まっていることでしょう。そこで、思い入れのあるキャラ、声優さんについて色々と語っていく予定です。もちろん、一週間のアニメも振り返っていきます。興味のある方は是非聴いてみてくださいませ。

また、ネタの提供、突っ込み等ごございましたら「実況版」まで。それと、この放送はポッドキャストでも後日配信予定でございます。聞き逃した方はこちらでお楽しみくださいませ。→「ピッコロのブログ

放送中の時間であればこちらを直接クリックで聞けると思います→http://203.131.199.131:8040/jidaraku.m3u

サーバーの不調で、前回は放送出来なくて申し訳ありませんでした。今回は正常に放送できるといいのですが・・・。

オノッチ様のブログ→「自堕落学生日記
ネットラジオ→自堕落ラジオ
ネトラジ→http://live.ladio.livedoor.com/

ポッドキャスト→「ピッコロのブログ
オノッチ様のポッドキャスト→「自堕落ラジオ(出張版)

無敵看板娘 16 (16)

0 Comments

Post a comment