(アニメ感想) いぬかみっ! 第18話 「まんもすたいへんっ!」

いぬかみっ! VOL.1っ!! 特別装丁版




赤道斎と対峙する啓太達。「全ての欲望は肯定され、全ての想いが開放される世界を私は作ってみせる!!」、赤道斎の主張にもはや話合いの余地なしと見た啓太達は戦闘の構え。今ここに、赤道斎と川平家のいぬかみ使いによる決戦の火蓋が切って落とされるのでした・・・。冒頭、一瞬録画ミスかと思ってしまいましたよ(苦笑)。あそこちゃんて・・・もうどこからどう突っ込んでいいのやら・・・。そんなこのアニメですが、序盤から飛ばしまくっています。

下半身を大胆に露出しながらの赤道斎の問いかけ「なぜ下半身をさらすことが出来ない?何ゆえ裸ではいけない?」。それに対して薫は質問で返します「あなたにはないのですか?人としての倫理が・・・倫理って言うか羞恥心?(笑)余程自分の一物に自身があるのですね。だってそれはマンモス級!!(笑)しかし、すっかり怯えてしまっているなでしこが心配です。このままでは、彼女の真の力が見られないかも・・・。

タチの悪いことに赤道斎はこう見えて凄く強いんです。普通の攻撃では全く効かず、啓太に至っては赤道斎のマンモスの直撃と言う被害を受ける始末。必死で顔を洗っていましたが、彼の初キスが赤道斎のマンモスだと言う事実は未来永劫消えることはありません(笑)。しかし、その後見せた啓太と薫の反撃により無事この空間からは脱出できた啓太達四人。気がつくとそこは赤道斎の秘密基地に戻っていたのでした・・・。

もしかするとなでしこは、とんでもない強さを秘めているのかもしれません。彼女の力を取り込もうとする赤道斎ですが、彼女のパワーがあまりにも強大であるために大殺界が緊急停止。しかし、あの時薫が一瞬笑っていたのが気になります。赤道斎とも何か話していたみたいですし、まさか・・・。そして、赤道斎は地上に復活。同じく地上に戻った啓太達は、せんだん達と合流し赤道斎を討つため動き出します。

赤道斎の圧倒的な力の前に苦戦を強いられる啓太達。ところが、そこに一人の救世主が降り立ちます。河原崎降臨!!なんと、彼は大型スピーカーで呼びかけ街中の変態を召還することに成功したのです。押し寄せる変態、始まる変態の逆襲、変態による変態のための変態・・・まさに変態天国ですね(笑)。赤道斎の唱える理想郷もイヤ~ンな感じですが、変態の勝利と言う幕切れもいかがなものかと思います。(苦笑)

結局、魔道書に力をためることに成功した赤道斎の一人勝ちとなりました。やはり、薫は黒かったようです。何を企んでいるのかは知りませんが、二人は裏で取引をしていたのですね。なでしこも薫の横にいましたが、果たして最初から仕組まれていたことを知っていたのでしょうか?以前、薫の別荘の地下にあった薫そっくりの人形の存在も気になりますし、謎は深まるばかり。確実に近づいてくる危機に啓太達はどう立ち向かうのか?変態たちの反撃にも期待です(苦笑)。


<お知らせ>8月5日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送されます。例のごとく、ゲストとして出させて頂く予定でございます。

今回の特集は「2006年アニメ最萌トーナメント」特集です。このラジオが放送される頃には予選が終わり本戦が始まっていることでしょう。そこで、思い入れのあるキャラ、声優さんについて色々と語っていく予定です。もちろん、一週間のアニメも振り返っていきます。興味のある方は是非聴いてみてくださいませ。

また、ネタの提供、突っ込み等ごございましたら「実況版」まで。それと、この放送はポッドキャストでも後日配信予定でございます。聞き逃した方はこちらでお楽しみくださいませ。→「ピッコロのブログ

放送中の時間であればこちらを直接クリックで聞けると思います→http://203.131.199.131:8040/jidaraku.m3u

サーバーの不調で、前回は放送出来なくて申し訳ありませんでした。今回は正常に放送できるといいのですが・・・。

オノッチ様のブログ→「自堕落学生日記
ネットラジオ→自堕落ラジオ
ネトラジ→http://live.ladio.livedoor.com/

ポッドキャスト→「ピッコロのブログ
オノッチ様のポッドキャスト→「自堕落ラジオ(出張版)

Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2006年 09月号 [雑誌]

0 Comments

Post a comment