(アニメ感想) BLOOD+ 第43話 「こころ乱れて」

BLOOD+(8)




え~、前回エラいことになりました。そう、ソロモンがついに強硬手段に打って出たのです。誰もが予想だにしなかった展開。そりゃねえ、あん時のハジは確かに役立たずでしたよ。ましてや、人であるカイに何か出来るはずもありません。だからってね、あーた小夜を助けるのはいいとしてもどさくさにまぎれて、かっさらうとは何事よ!?さて、今回は・・・なんだって!?小夜がベットで裸~?どうやら、修羅場となりそうです。今回もまた祭りですね・・・。目が覚めるとそこは見知らぬベットの中でした・・・。部屋のドアを開け入ってきたのはソロモン。彼は小夜に「富と権力、ディーヴァすら捨てた」と話し、「僕の花嫁になってくれ」と迫ります。一方、コリンズの銃弾を受けたデヴィッド。ジェイムズやジュリアが見守る中、手術が始まろうとしていました・・・。

そうですか。以前着ていた服が汚れてたと言って捨て、自分の用意した服を着せる。さらには、自分は全てを捨てたのだから受け入れろと迫る・・・ソロモンとはこの程度の男でしたっけ?私は相手の意見を尊重し、紳士的であるナイスガイだと思ってました。ところが、どうでしょうこの体たらくは・・・。さて、カイ達の方でも何やら動きがあったようです。アパートに帰りソファに横たわるカイに真央が不意打ちのキッス!ウソォ?そんな戸惑いの顔を見せるカイが印象的でした。なんだ、このアニメってラブコメだったんだ!!(笑)

小夜の姿を探す我らがハジ。小夜アンテナの感度を最大限にしてもなかなか見つからない。そんな時、ソロモンは小夜にさらに接近。「おい顔が近いぞ。息がかかる」なんでだろう?一瞬、小泉を思い出しちゃった(苦笑)。

しかし、ソロモンの言葉は小夜の心に響くようです。自由、愛・・・小夜が今まで渇望していたそれらを全て彼女のために捧げると言うソロモンの甘い誘惑。まあ、確かに、彼に甘えると言うのも一つの手かもしれません。実際、彼は小夜の事を大事にしてくれるでしょうし、ハジやカイも家族としてあたたかく迎え入れてくれるかもしれません(奇妙な光景ですが(苦笑))。しかし、小夜はソロモンを突き放しました。彼を拒否したのです。そんな小夜にソロモンは言います「ディ-ヴァを殺めることが望みなら僕がディーヴァを殺めましょう」と。正直、ここまで言われたら男の私でもソロモンに惚れるよごめん、ハジ、君の完敗だ・・・(涙)。

ネイさんって可愛いわ~。彼のお気に入りはディーヴァです。あの歌声、自分だけの物にしたいと願っているのです。アンシェルに子供たちはやる、「だからあ・・・邪魔するなよ!(キリッ)」。凄みをきかせてアンシェルを睨むネイサン。本当にネイさんって可愛いわ~(笑)。

ソロモンの完全勝利・・・だったはずでした。ソロモンと小夜の甘いランデブー・・・ところがそこ現れたのは、野暮なお邪魔ムシ、そう我らがハジです。「小夜は渡せない!!」事実上の宣戦布告ととっていいですか?(笑)「今この時を・・・一瞬一瞬、私は小夜に捧げている・・・」、ハジ・・・心が揺れ動く小夜。こんな男前二人が自分のために争っている、夢のようなシチュエーション。「小夜は連れて帰る・・・」はいはい、いつから小夜がお前のものになったなんて申しませんよ。もうこうなったら男らしく争って、どちらか勝ったほうが小夜を手に入れちゃってください。シュヴァリエファイト!レディ・・・ゴォ~~!!

ハジが強い!!確かに強い。今までやはり本気を出さなかったのでしょうただ、ソロモンはその上をいきます。おまけに、変身までしやがった!・・・ソロモンよヴィジュアル対決ではあんたの完敗だよ・・・お願いだから落ち武者ヘアーはやめて(涙)。

ビルから飛び降りるを小夜を助けようと、彼女を抱きとめるハジ。そして、二人はビルの下へとまっさかさま・・・しかし、ここで我々はある衝撃を目にすることとなります。なんと!!ハジの背中から黒い羽が・・・。そう、彼は翼手へと変身したのです。でもちょっと待ってください・・・あれ?ハジたけ変身しても醜くない!?これはズルイ!!そんな・・・やっぱりソロモンの完敗じゃないか。お疲れ様~(苦笑)。

色んな所で繰り広げられる恋模様。色んな意味で面白かったし、疲れました。まあ、それはそれとして、このアニメの主人公は常に迷える存在のようです。戦いの決断をしたと思ったら、小夜に襲い掛かるさらなる試練。リクの子供たちがいる・・・その事実に彼女の心は激しく乱されるのです。でもまあそれもいいでしょう。例え迷っても進んだその先に光を見出せるのなら。それは一人では進めない道、その傍らには共に進むべき道を示してくれる人が必要。私はそれはハジではダメなのだと思います。きっと小夜が側にいて欲しいと願うのはカイなのだろうなと、今回のお話しで実感しました。ガンバレ、カイ!!

BLOOD+(7) 完全生産限定版

0 Comments

Post a comment