(アニメ感想) ゼロの使い魔 第6話 「盗賊の正体」

ゼロの使い魔 Vol.1




街の聞き込みで得ることの出来た、「森の奥の廃屋で見かけた怪しい人影」と言う情報。その情報を元に、学園長は怪盗フーケ捜索の有志を教師から募ろうとしますが、誰一人として名乗りを上げません。しかし、「私が行きます!」と力強い声が響き渡ります。杖を上げたのは、なんと!ルイズ。続いて、キュルケ、タバサも名乗りを上げ、ここに才人も加えた四人の若者達で捜索隊を結成します。そして、オスマンの秘書・ロングビルを案内役兼責任者として、一行は森の奥の廃墟へと向かうのでした・・・。なんだ、素直にありがとうが言えるんだねルイズ。まあ、キュルケになら口が裂けても言わないでしょうけどね。タバサの場合、今までもルイズを馬鹿にするような発言はしてなさそうですし、ルイズも彼女に対しては悪い印象を持っていなかったのかもしれませんね。

ところで驚いたのはタバサがシュヴァリエの称号を持つナイトであったこと。これがどのぐらい凄いことなのかピンときませんが、きっと物凄いことなのでしょう(苦笑)。タバサは天才肌の魔法使いなのですね。

森の奥の廃墟へと向かう道中、ルイズ達はロングビルからメイジが全員貴族と言うわけではないと聞かされます。つまり、貴族からなんらかの理由で平民になったものもいると言うことです。実は、ロングビルも貴族の名を無くしたもの。貴族や平民と言うことにこだわらないオスマンによって、貴族の名を取り戻したようですが・・・。「じゃあ?どうやって貴族の名を?」、キュルケの質問。女の武器を使って取り入ったのか?と言いたげですね。まあ、確かに学園長はエロいですから(苦笑)。

目的の場所に到着した一行。まず先手を切って様子を探りに行くのが使い魔の役目。というわけで、才人が小屋の中を捜索。どうやら誰もいないようです。続いてタバサがトラップをチェック。このメンバーじゃ、タバサしか使えねえ~!!(汗)小屋の中を詳しく調べていたところ、なんと!!タバサが早くも宝物庫から盗まれた「破壊の杖」を発見します。ところがその時!!ルイズの悲鳴とともにゴーレムが現れます。まさか土くれのフーケか!?襲いかかるゴーレムに、タバサが反撃!!そして、使い魔シルフィードを召還!!ほとんど、タバサウォッチャーと化している私です(苦笑)。

魔法も使えないのにゴーレムに立ち向かおうとするルイズ。「魔法が使えるものを貴族と呼ぶんじゃない、敵に後ろを見せないものを貴族と呼ぶのよ!!」うーん、見事な啖呵です。しかし、ルイズ目掛けてゴーレムの腕が振り落とされピンチに!!そこに飛びこみ、救ったのが才人でした。

そして、問題のシーンです(苦笑)・・・。「邪魔しないで!!」と強気なルイズに、才人がビンタ!「貴族がなんだってんだ!死んだら終わりだろ!!」・・・才人の言うことはもっとも。しかし、名門貴族の家に生まれプライドの塊のような彼女にとっては何よりも重要なことがあるのです。「だって・・・いつもいつも皆からバカにされて悔しくて・・・」涙を流しながらそんな本音をもらすルイズ。「逃げたらまたバカにされるじゃない」そんな瞳でそんな言葉を吐かないでくれハニー、思わず抱きしめたくなるじゃないか・・・。こうなるとルイズは役に立ちません。何せ、プライドの塊のような彼女が自分の弱味をさらけ出したのです。ルイズをタバサ達に託し、才人はゴーレムに立ち向かっていくのでした・・・。

「抜け相棒!!」しゃべる剣を鞘から引き抜き、構える才人。体が軽い・・・そう、ちょうどギーシュと戦った時に似ています。この剣に秘められた力なのか?そして、パワーアップしたダッシュ力でゴーレムに斬りつけ、片足を破壊。しかし、すぐにゴーレムの足は再生し、埒が明きません。その様子を見ていたルイズは破壊の杖を抱え、ゴーレムの元へと向かいます。

実はこの破壊の杖、決して魔法の杖などではありませんでした。なんと、地球の兵器であるロケットランチャー!!「こうして使うんだ」才人はルイズからそれを取り上げると、ゴーレム目掛けてランチャーを発射!!見事、ゴーレムを破壊に成功するのです。前の「エロ本」と言い、この世界はどこかで才人のいた世界と繋がっているようですね。こちらの世界の道具が、あちらの世界では魔法の道具として重宝されていると言うのはなかなか愉快です。今後の楽しみとなりそうですね。

さて、やはりと言うかロングビルは土くれのフーケでした。なぜか、正体をバラした途端胸が大きく艶やかになった気がしますが、気のせいとしておきましょう(苦笑)。フーケは、破壊の杖の使いかたが分からず、魔法学院の人間なら使えるのではないかと考えていたようです。そして、才人にランチャーを向けるフーケ。ゆっくりと引き金を引きますが・・・。

踊ってあげても良くてよ?」祝賀会で才人をダンスに誘うルイズ。「それを言うなら踊ってください、じゃねえのか?」、ブブー!!あなた間違ってますよ才人君。それ言ったらツンデレがツンデレじゃなくなるじゃないか!!でも、今日のルイズはいつもと違いますデレ~のルイズなのです。「私と一曲踊ってくださいませんこと?」、ここまで言わせる才人はたいしたもの。さらに踊っている最中に、頬を赤らめたルイズの一言「あの・・・ありがとう」、ここまでルイズに言わせた才人は神!でも、序盤でこんなにデレデレしてて大丈夫なのでしょうか?これからが少し心配です。

それにしても、ロングビルのことがスルー気味だったのは気になりました。オスマン複雑だっただろうに、そのあたりの心情やロングビルの生い立ちも含めてあまり触れられてなかったのは、消化不良気味に感じましたね。もしかしたら、フーケはこの先にも出番があるのかもしれませんね。もう一つ、若き天才タバサがあまり戦闘で役に立たなかったのも残念!!シュヴァリエのナイトなんて大げさな事言うからどんな活躍を見せてくれるのかと思いましたが、今回はサポート役に徹してましたね。まあ、これからに期待しましょうか・・・。


<お知らせ>8月12日土曜日10時よりオノッチ様のネットラジオ「自堕落ラジオ」が放送されます。例のごとく、ゲストとして出させて頂く予定でございます。

今回は試験的に当ブログのサイドバーに置かれています、ブログパーツ「らじおん」でも配信予定です。

こんなやつ↓(当ブログの左サイドバーに設置)


onair1

on air」のマークが表示されている時が放送中です。再生ボタン(三角のボタン)をクリックするだけで簡単に聴けるようになっています。是非お試しあれ。もちろん、「ネトラジ」でも配信予定です。

今回の特集は「2006年アニメ最萌トーナメント」特集です。お互いに、思い入れのあるキャラ、声優さんについて色々と語っていく予定です。もちろん、一週間のアニメも振り返っていきます。興味のある方は是非聴いてみてくださいませ。

また、ネタの提供、突っ込み等ごございましたら「実況版」まで。それと、この放送はポッドキャストでも後日配信予定でございます。聞き逃した方はこちらでお楽しみくださいませ。→「ピッコロのブログ

放送中の時間であればこちらを直接クリックで聞けると思います→http://203.131.199.131:8040/jidaraku.m3u

前回は、告知していたにも関わらず放送出来なくて申し訳ありませんでした。どうも、色々あったらしくeonetからの接続が出来ない状況となっていて放送することが出来ませんでした。今回こそは正常に放送できるといいのですが・・・。

オノッチ様のブログ→「自堕落学生日記
ネットラジオ→自堕落ラジオ
ネトラジ→http://live.ladio.livedoor.com/

ポッドキャスト→「ピッコロのブログ
オノッチ様のポッドキャスト→「自堕落ラジオ(出張版)

ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日

0 Comments

Post a comment