(アニメ感想) 機神咆吼 デモンベイン 第12話 「STRANGE EONS」

機神咆吼デモンベイン 1巻 DX(デラックス)版




開かれたヨグ=ソトースの門。マスター・テリオンを追い異界へ向かおうとする九朗にアルは冷たく言い放ちます、「大十字九朗・・・汝との契約を破棄する」と。ヨグ=ソトースは、全ての時間と時空に繋がっているため、その門をくぐればあらゆる宇宙を渡り歩くこととなり、二度と元の世界に戻って来れられなくなる・・・アルは一人きりでマスター・テリオンと戦う覚悟を決めていたのでした・・・。「ただの人間としてお前についていくよ」、九朗らしいセリフです。一人の女としてアルを愛し、またアルもそれを受け入れ九朗を一人の男として愛していることを告白します。さて、馴れ合いが終わり(汗)いよいよマスター・テリオンと戦うため二人は飛び立ちます、全ての人の希望を乗せて・・・。アレ?エルザとドクター・ウェストは一緒に戦ってくれないのですか?ただ、祈って待つだけの存在なんて悲しすぎます・・・。

待ち構えていたマスター・テリオン。「ヨグ=ソトースを現世に留めているのは、このリベル・レギス自身の動力、魔術機関エンジンに施された術法にこそある」戦いの最中にわざわざこんな細かい説明をしてくれるなんてお茶目なマスター・テリオンです(笑)。つまりは、世界を救うにはマスター・テリオンを倒すしかないと言うことですが、非常にシンプルでよろしいですね。やはり最終決戦なのですから逃げがあってはいけません。シンプルに倒すか倒されるかの戦いの方が盛り上がるのです。

我らはこの戦いを幾億と繰り返してきた・・・全ては決められた通りに。繰り返される戦いの度に九朗への憎しみを増幅させてきたマスター・テリオン。それもそうでしょう、全てを知るマスターテリオンの前にいつも立ちはだかってきたのは、何も知らずひたむきに正義を貫き通す男。記憶がリセットされ産まれ変わる九朗に対してズルい・・・なんて想いがマスター・テリオンにはあるのかもしれません。

最大級の技のぶつかり合い!あらゆる時空を巡りながらの戦いは、いよいよクライマックスを迎えます。マスター・テリオンをここで倒せぬ限り、未来永劫、過去永劫、無限にこの戦いを続けることになる・・・必要なのは輪廻を断ち切る力。そう、その力こそリベル・レギスの存在そのものを否定しつくす究極の最終必滅兵器「シャイニング・トラペゾヘドロン」なのです。またもや、九朗とアルの意志に反して発動しようとしているこの究極兵器・・・がしかし、ここで二人は目の前の光景に驚愕することとなるのです・・・。

なんと、マスター・テリオンもその「シャイニング・トラペゾヘドロン」を発動させていたのです。二つのこの究極兵器同士のぶつかり合いによって、九朗とマスター・テリオンの何れかがこの宇宙より拒絶される。生き残りをかけた最後の一撃が繰り出されようとしていました。しかし、技と技がぶつかり合うその直前で邪神の謀略に気づいたアル。すぐさま九朗に拳をおさめるよう叫びますが、時すでに遅し・・・全てはナイアの意のままに、そうアザトースの庭が今ここに解放されたのです。再び宇宙に混沌が訪れるのか・・・。

失われずにいた光・・・それは絶望と憎悪を乗り越えた希望という名の光でした。トラペゾヘドロンのエネルギーを取り込んだデモンベイン、「人間だからこそ出来る!」そう力強く話す九朗の瞳には輝きがあります。手と手を取り、邪神へと対峙する九朗とアル。「あんま人間を侮るんじゃねえよ、ええ神様よ~!?」はなんともスカっとするセリフでした。二人の共同作業で敵を打ち滅ぼすシーンも爽快感に満ちてましたね。そして、無限の呪縛からの解放に身を任せるマスター・テリオン・・・エセルドレーダと共に静かに世界を見続ける存在となったのです。あの一瞬で、随分とまるくなられました(苦笑)。

アルと九朗の別れの時。九朗だけならばアーカムシティへと飛ばせる・・・アルは決断し九朗を地球へと帰したのです。そして・・・。

さて、デモンベインはこれで終わりです。初回の放送時から原作ファンの間では厳しい評価を受けてきたアニメですが、最終話はキレイにまとまったのではないでしょうか?途中まで面白くても最後の最後でこけるアニメも多い中、私は今それなりの満足感を覚えております。神様からの粋な計らいにも正直グッときてしまいました。

原作は素晴らしい作品なのだろうと思います。発売当初からかなりの評判になってしましたしね。ただ、1クールでは描ききれない部分が多すぎました。2クールあれば名作になったかもしれないと思うと本当に残念ですね。ところで、エンディング曲が名曲であることに最後の最後で気づきました。宇宙を感じさせるような壮大な曲です。ラストのシーンで流れた時は感動的でありましたね。スタッフ並び声優の皆様お疲れ様でした。そして、この感想記事を読んでくださった皆様、コメント書き込んでくださった方、本当にありがとうございました。

斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲


<参照リンク>
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10015928351/a971b0b8
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/syofactory/diary/200608180000/1973a/
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/4638f2e16252aa6cfe65767b030485b6/94
http://g-porno.jugem.jp/trackback/147
http://app.blog.livedoor.jp/mafin1/tb.cgi/50535342
http://blog.seesaa.jp/tb/22516197
http://blog.so-net.ne.jp/kuny/2006-08-18/trackback
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/a7ddb9d3adb5891ae5be9683acb69192/dd
http://blogs.yahoo.co.jp/sbpgg620/trackback/1452223/40700484
http://app.blog.livedoor.jp/shibachi1/tb.cgi/50690462
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/113-65e6764e
http://app.blog.livedoor.jp/granzchesta/tb.cgi/50653494
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/1e7a5e0c4e0ccb0d4be0a7d93a7566bd/ac
http://blog.seesaa.jp/tb/22513679
http://app.blog.livedoor.jp/seagull54/tb.cgi/50487317
http://clannad.exblog.jp/tb/4142645
http://killer-queen.jugem.jp/trackback/351
http://blogs.yahoo.co.jp/aba_san/trackback/410083/40623920
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/968-b2ead539
http://seaken.blog72.fc2.com/tb.php/114-2fdfec42
http://blog.seesaa.jp/tb/22551954
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/698-bb51c403
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11515497
http://cestus.blog67.fc2.com/tb.php/58-e02e38fd
http://hayate0219.blog28.fc2.com/tb.php/288-958040f1
http://d.hatena.ne.jp/gammaray/20060818/1155966459
http://kuronosieru.blog54.fc2.com/tb.php/402-0320237f
http://www.snow-mousse.com/mtblog/bato.cgi/1811
http://vals-g.jugem.jp/trackback/578
http://app.blog.livedoor.jp/futatu/tb.cgi/50602166
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=e13626a083
http://blog.seesaa.jp/tb/22664693

0 Comments

Post a comment